SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

unset - 変数の割り当てを解除する

unsetは、変数の割り当てを解除します。これは言語構造のため、可変関数でコールすることはできません。

構文

void unset ( mixed $var [, mixed $... ] )

パラメータ

$var

破棄する変数。

$...

複数の変数を破棄したい場合、第2引数、第3引数、と指定できる。

返り値

void

返り値はありません。

サンプルコード

<?php
	$var = "SYNCER" ;

	unset( $var ) ;

デモ

変数を破棄する

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$var = "SYNCER" ;

	unset( $var ) ;

	$response = isset( $var ) ;

	var_dump( $response ) ;
bool(false)

関数内で使用

参照渡しの変数を関数内でunset()した場合、その関数内でのみ破棄されます。元の、関数外の変数はそのままです。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	function hoge( &$a ) {
		unset( $a ) ;
	}

	$fuga = "SYNCER" ;

	hoge( $fuga ) ;

	var_dump( $fuga ) ;
string(6) "SYNCER"

静的変数

静的変数を破棄すると、関数内の以降のコンテキストでのみ有効です。元の変数は維持されます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	function hoge() {
		static $count = 1 ;
		++$count ;
		var_dump( $count ) ;
		unset( $count ) ;
	}

	hoge() ;
	hoge() ;
	hoge() ;
	hoge() ;
int(2)
int(3)
int(4)
int(5)
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。