SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

strval - スカラー値をString型で取得する

strvalは、指定したスカラー値をStringに型変換した値を取得する関数です。元の変数はそのままです。

構文

string strval ( mixed $var )

パラメータ

$var

対象のスカラー値。マジックメソッドの__toString()を備えていれば、オブジェクトも指定できる。

返り値

string

文字列(String)に型変換した値。

サンプルコード

<?php
	$response = strval( true ) ;

デモ

String値を取得する

指定した値をStringに型変換した値を取得します。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = strval( true ) ;

	var_dump( $response ) ;
string(1) "1"

オブジェクトを文字列化

__toString()を備えていれば、オブジェクトも処理できます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	class hoge {
		public function __toString() {
			return "Hello" ;
		}
	} ;

	$object = new hoge ;

	$response = strval( $object ) ;

	var_dump( $response ) ;
string(5) "Hello"

次でも、同じように型変換できます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = (string) true ;

	var_dump( $response ) ;
string(1) "1"
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。