SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

sort - 配列を値でソートする

sortは、指定した配列を値でソートする関数です。キーと値の関係は維持されません。

構文

bool sort ( array &$array [, int $sort_flags = SORT_REGULAR ] )

パラメータ

&$array

対象の配列。

$sort_flags

ソートの方法。デフォルトでは型変換を行なわない通常の比較。

SORT_REGULAR
型変更をしないで比較する。
SORT_NUMERIC
数値に型変更をして比較する。
SORT_STRING
文字列に型変更をして比較する。
SORT_LOCALE_STRING
ロケールに基づいた文字列に変更して比較する。
SORT_NATURAL
文字列として自然順で比較する。例えば、"test1"、"test10"、"test2"ではなく、"test1"、"test2"、"test10"のように、人間が馴染みやすくソートする。
SORT_FLAG_CASE
文字列のソートで大文字、小文字を区別しない。

返り値

bool

ソートに成功した場合はtrue、失敗した場合はfalseを返す。

サンプルコード

<?php
	$array = [ "c", "d", "b", "a" ] ;

	$response = sort( $array ) ;

デモ

値でソートする

配列を、値でソートします。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array = [ "c", "d", "b", "a" ] ;

	$response = sort( $array ) ;

	var_dump( $response ) ;
	print_r( $array ) ;
bool(true)
Array
(
    [0] => a
    [1] => b
    [2] => c
    [3] => d
)

キーと値の関係は維持されない

この関数は、キーと値の関係を維持しません。連想配列に対して実行した場合、既存のキーが失われてしまいます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array = [
		"C" => "c" ,
		"D" => "d" ,
		"B" => "b" ,
		"A" => "a" ,
	] ;

	$response = sort( $array ) ;

	var_dump( $response ) ;
	print_r( $array ) ;
bool(true)
Array
(
    [0] => a
    [1] => b
    [2] => c
    [3] => d
)
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。