SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

serialize - 値を保存可能な表現に変換する

serializeは、値を保存可能な表現に変換する関数です。配列やオブジェクトなど、リソース以外の型を処理できます。オブジェクトを処理する時、マジックメソッドの__sleep()がコールされます。返り値はバイナリ文字列なので、データベースに保存する場合はBrob型でなければいけません。

構文

string serialize ( mixed $value )

パラメータ

$value

シリアル化する値。リソース型は処理できない。

返り値

string

シリアル化したバイナリ文字列。

サンプルコード

<?php
	class hoge {
		public $fuga = "SYNCER" ;
	} ;

	$value = new hoge ;
	$value->fuga = "SYNCER!!!!!!" ;

	$response = serialize( $value ) ;

デモ

シリアル化

オブジェクトの状態も保存できます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	class hoge {
		public $fuga = "SYNCER" ;
	} ;

	$value = new hoge ;
	$value->fuga = "SYNCER!!!!!!" ;

	$response = serialize( $value ) ;

	var_dump( $response ) ;
string(46) "O:4:"hoge":1:{s:4:"fuga";s:12:"SYNCER!!!!!!";}"

元の値に戻す

元の値に戻すには、unserialize()を利用します。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	class hoge {
		public $fuga = "SYNCER" ;
	} ;

	$value = new hoge ;
	$value->fuga = "SYNCER!!!!!!" ;

	$str = serialize( $value ) ;

	$response = unserialize( $str ) ;

	var_dump( $response ) ;
object(hoge)#42 (1) {
  ["fuga"]=>
  string(12) "SYNCER!!!!!!"
}
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。