SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

rtrim - 文字列の末尾の空白文字を取り除く

rtrimは、指定した文字列の末尾にある空白文字(ホワイトスペース)を取り除く関数です。空白文字とは" "(通常の空白)、"\t"(タブ)、"\n"(改行)、"\r"(復帰)、"\0"(NULLバイト)、"\x0B"(垂直タブ)を指します。

構文

string rtrim ( string $str [, string $character_mask ] )

パラメータ

$str

対象の文字列。

$character_mask

除去する文字列を指定する。

返り値

string

末尾の空白文字、または指定した文字を取り除いた文字列。

サンプルコード

<?php
	$str = "SYNCER  

  " ;

	$response = rtrim( $str ) ;

デモ

末尾の空白を取り除く

文字列の末尾の空白文字を取り除きます。第2引数を指定しない場合、空白や改行など、一般的に無駄な文字列が取り除かれます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$str = "SYNCER  

  " ;

	$response = rtrim( $str ) ;

	var_dump( $response ) ;
string(6) "SYNCER"

指定した文字列を取り除く

第2引数で取り除く文字列を指定することができます。例えば、文字列の末尾に"R"、または"E"があったら取り除きたいという場合は次の通りです。この関数は末尾が第2引数で指定した文字列以外になるまで削除し続けます。よってこの例では、"R"が取り除かれた後に"E"が取り除かれています。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$str = "SYNCER" ;

	$response = rtrim( $str, "RE" ) ;

	var_dump( $response ) ;
string(4) "SYNC"
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。