SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

range - 指定した範囲の値を持つ配列を作成する

rangeは、指定した範囲の値を持つ配列を作成する関数です。範囲は数値、または文字列で指定できます。また、逆順に指定しても認識されます。

構文

array range ( mixed $start , mixed $end [, number $step = 1 ] )

パラメータ

$start

先頭の値。

$end

末尾の値。

$step

初期値は1。いくつずつ進むか、数値を指定する。正の数でなければいけない。

返り値

array

作成した配列。

サンプルコード

<?php
	$response = range( "g", "k" ) ;

デモ

指定した範囲の数値を持つ配列

指定した範囲の数値を値に持つ配列を作成します。

<?php
	$response = range( 5, 9 ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [0] => 5
    [1] => 6
    [2] => 7
    [3] => 8
    [4] => 9
)

指定した範囲の文字列を持つ配列

数値だけじゃなく、文字列でも範囲を指定できます。例えば、"a"から"k"を範囲に指定してみました。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = range( "g", "k" ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [0] => g
    [1] => h
    [2] => i
    [3] => j
    [4] => k
)

逆順の範囲

逆順で範囲を指定しても認識されます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = range( 8, 4 ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [0] => 8
    [1] => 7
    [2] => 6
    [3] => 5
    [4] => 4
)

飛ばし飛ばしの範囲にする

第3引数を指定することで、範囲の中を飛ばし飛ばしにできます。例えば下記は、2つずつ進む形で範囲を指定した例です。5の次は7、7の次は9になっていますね。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = range( 5, 15, 2 ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [0] => 5
    [1] => 7
    [2] => 9
    [3] => 11
    [4] => 13
    [5] => 15
)
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。