SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

print_r - 変数の内容を解りやすい形で表示する

print_rは、指定した変数の内容を解りやすく表示するプロパティです。クラスの静的メンバーは表示されません。

構文

mixed print_r ( mixed $expression [, bool $return = false ] )

パラメータ

$expression

対象の変数。

$return

初期値はfalse。trueを指定した場合、表示するのではなく、表示内容を返す。変数に表示内容を代入したい場合に利用する。

返り値

mixed

第2引数をtrueにした場合、表示内容を返す。

サンプルコード

<?php
	$expression = [ "a", "b", "c" ] ;

	print_r( $expression ) ;

デモ

変数の内容を表示する

echo()やprint()と同様に、直接出力します。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$expression = [ "a", "b", "c" ] ;

	print_r( $expression ) ;
Array
(
    [0] => a
    [1] => b
    [2] => c
)

表示内容を取得する

第2引数にtrueを指定すると、表示内容を返します。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$expression = [ "a", "b", "c" ] ;

	$response = print_r( $expression, true ) ;

	echo $response ;
Array
(
    [0] => a
    [1] => b
    [2] => c
)
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。