SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

prev - ポインタを1つ戻す

prevは、配列のポインタを1つ戻して、その位置にある要素の値を返す関数です。

構文

mixed prev ( array &$array )

パラメータ

&$array

対象の配列。

返り値

mixed

1つポインタを戻した位置にある、要素の値。存在しない場合はfalse。

サンプルコード

<?php
	$array = [ "a", "b", "c", "d", "e" ] ;

	$response = prev( $array ) ;

デモ

ポインタの初期位置は最初の要素です。prev()はポインタを1つ戻して、その戻した位置にある要素の値を返します。当然、存在しないのでfalseが返ります。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array = [ "a", "b", "c", "d", "e" ] ;

	$response = prev( $array ) ;

	var_dump( $response ) ;
bool(false)

では、next()で3つほどポインタを進めてから、1つ戻した位置を取得してみましょう。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array = [ "a", "b", "c", "d", "e" ] ;

	next( $array ) ;
	next( $array ) ;
	next( $array ) ;

	$response = prev( $array ) ;

	var_dump( $response ) ;
string(1) "c"
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。