SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

parse_str - クエリ文字列を変数に代入する

parse_strは、クエリ文字列を解析し、変数、または配列にそれらを代入する関数です。

構文

void parse_str ( string $str [, array &$arr ] )

パラメータ

$str

対象の文字列。

&$arr

配列に加えたい場合は配列を指定する。

返り値

void

返り値はありません。

サンプルコード

<?php
	$str = "aaa=AAA&bbb=BBB&ccc[]=X&ccc[]=Y" ;

	parse_str( $str ) ;

デモ

クエリ文字列を変数に代入する

クエリ文字列を解析して、変数に代入します。例えば下記の場合、クエリ文字列のそれぞれのキー名、$aaa、$bbb、$cccという変数が作成され、そこに値が代入されます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$str = "aaa=AAA&bbb=BBB&ccc[]=X&ccc[]=Y" ;

	parse_str( $str ) ;

	var_dump( $aaa ) ;
	var_dump( $bbb ) ;
	var_dump( $ccc ) ;

クエリ文字列を配列に代入する

第2引数に配列を指定すると、変数ではなくその配列に代入されます。この場合は、クエリ文字列のそれぞれのキー名である"aaa"、"bbb"、"ccc"という3つのキーが配列に追加されました。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$arr = [] ;

	$str = "aaa=AAA&bbb=BBB&ccc[]=X&ccc[]=Y" ;

	parse_str( $str, $arr ) ;

	var_dump( $arr ) ;
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。