SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

get_html_translation_table - HTMLエンティティの変換テーブルを取得する

get_html_translation_tableは、HTMLエンティティに変換する際に使用する変換テーブルの内容を取得する関数です。

構文

array get_html_translation_table ([ int $table = HTML_SPECIALCHARS [, int $flags = ENT_COMPAT | ENT_HTML401 [, string $encoding = "UTF-8" ]]] )

パラメータ

$table

テーブルの種類。

HTML_ENTITIES
変換可能な全ての文字をHTMLエンティティに変換する。
HTML_SPECIALCHARS
初期値。特殊文字のみをHTMLエンティティに変換する。

$flags

変換する特殊文字の種類。初期値はENT_COMPAT | ENT_HTML401

ENT_COMPAT
ダブルクォートを含め、シングルクォートを含めない。
ENT_QUOTES
シングルクォート、ダブルクォートのどちらも含める。
ENT_NOQUOTES
ダブルクォート、シングルクォートのどちらも含めない。
ENT_HTML401
HTML4.01のドキュメントに適したテーブル。
ENT_XML1
XML1のドキュメントに適したテーブル。
ENT_XHTML
XHTMLのドキュメントに適したテーブル。
ENT_HTML5
HTML5のドキュメントに適したテーブル。

$encoding

使用する文字エンコーディング。初期値はUTF-8

返り値

array

変換テーブルの内容を配列で表現したもの。各要素は変換前の文字がキー、変換後の文字が値になっている。

サンプルコード

<?php
	$response = get_html_translation_table() ;

デモ

変換テーブルを取得する

HTMLエンティティに変換する際に使用されるテーブルを取得します。例えば、このテーブルによると、HTMLエンティティに変換する場合、"が"に、&が&に変換されるのが分かります。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = get_html_translation_table() ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    ["] => "
    [&] => &
    [<] => <
    [>] => >
)

変換フラグを指定する

第2引数を指定することで、変換テーブルの内容を調整できます。例えば、ENT_NOQUOTESを指定すると、シングルクォート、ダブルクォートともに無視する内容の変換テーブルになります。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = get_html_translation_table( HTML_SPECIALCHARS, ENT_NOQUOTES ) ;

	var_dump( $response ) ;
array(3) {
  ["&"]=>
  string(5) "&"
  ["<"]=>
  string(4) "<"
  [">"]=>
  string(4) ">"
}
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。