SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

count_chars - 文字列に含まれる各文字の情報を取得する

count_charsは、ある文字列に含まれる各文字の情報を取得する関数です。

構文

mixed count_chars ( string $string [, int $mode = 0 ] )

パラメータ

$string

対象の文字列。

$mode

情報の種類を数値で指定する。初期値は0。

0
各バイトの値をキー、出現回数を値とする配列。
1
0と同じだが、出現回数が0回のバイトは含まない。
2
0と同じだが、出現回数が0回のバイトのみを含む。
3
出現回数が1回以上のバイトのみで構成された文字列。
4
出現回数が0回のバイトのみで構成された文字列。

返り値

mixed

文字列で使用されているバイトの情報。第2引数によって返り値の種類が変わる。

サンプルコード

<?php
	$response = count_chars( "AAABBC", 1 ) ;

デモ

使用されているバイトの情報を取得する

"AAABBC"という文字列で使用されているバイトの情報を取得します。第2引数に1を指定することで、出現回数が1回以上のバイトに限定しています。コード65のAが3回、コード66のBが2回、というように出現回数の情報を含んだ配列を取得できます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = count_chars( "AAABBC", 1 ) ;

	var_dump( $response ) ;
array(3) {
  [65]=>
  int(3)
  [66]=>
  int(2)
  [67]=>
  int(1)
}

文字列で結果を取得する

第2引数で返り値を調整できます。例えば、3を指定した場合、使用されている文字だけで構成された文字列を取得できます。下記の例では使用されているのは"A"と"B"と"C"だけなので、"ABC"という返り値になりました。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$response = count_chars( "AAABBCC", 3 ) ;

	var_dump( $response ) ;
string(3) "ABC"
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。