SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

array_udiff - ユーザー定義のアルゴリズムで、配列の値の差異を確認する

array_udiffは、ユーザー定義のアルゴリズムを使って、配列の値の差異を調べる関数です。

構文

array array_udiff ( array $array1 , array $array2 [, array $... ], callable $value_compare_func )

パラメータ

$array1

基本の配列。

$array2

比較対象となる配列。

$...

比較対象となる配列は1つだけではなく、可変引数として第3引数以降に指定できる。

$value_compare_func

int callback ( mixed $a, mixed $b )

差異を判定するための比較関数を最後の引数として指定する。このコールバック関数は比較対象の2つの値を受け取る。関数が0を返した時に同じ、正の数を返した時に第1引数の方が大きい、負の数を返した時に第1引数の方が小さい、と判定される。

返り値

array

第1引数の配列にはあって、第2引数以降の配列にはない値を集めた配列。この配列に含まれるのは第1引数の配列の要素(キーと値の組み合わせ)である。

サンプルコード

<?php
	$array1 = [ "a", "b", "c", "d", "e" ] ;
	$array2 = [ "a", "b", "c" ] ;

	function callback( $a, $b ) {
		// "d"と"a"を同じ扱いにする
		if ( $a == "d" ) $a = "a" ;
		if ( $b == "d" ) $b = "a" ;

		// 他は自然な処理
		if ( $a == $b ) {
			return 0 ;
		} else {
			return $a > $b ? 1 : -1 ;
		}
	}

	$response = array_udiff( $array1, $array2, "callback" ) ;

デモ

独自ルールで、"a""d"を同じ値扱いにしました。"a""d"は違う値なのに、結果に含まれません。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array1 = [ "a", "b", "c", "d", "e" ] ;
	$array2 = [ "a", "b", "c" ] ;

	function callback( $a, $b ) {
		// "d"と"a"を同じ扱いにする
		if ( $a == "d" ) $a = "a" ;
		if ( $b == "d" ) $b = "a" ;

		// 他は自然な処理
		if ( $a == $b ) {
			return 0 ;
		} else {
			return $a > $b ? 1 : -1 ;
		}
	}

	$response = array_udiff( $array1, $array2, "callback" ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [4] => e
)
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月26日 (月)
コンテンツを公開しました。