SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

array_diff_assoc - 配列の要素の差異を確認する

array_diff_assocは、配列の要素(キーと値の組み合わせ)の差異を調べる関数です。一方にあって、一方にない要素を確認できます。キー、または値のどちらかが違えば、違う要素という判定になります。比較は、(string)$a===(string)$bで行われます。例えば、数値の1と文字列の"1"は同じになります。多次元配列の場合、一次元のみが比較されます。

構文

array array_diff_assoc ( array $array1 , array $array2 [, array $... ] )

パラメータ

$array1

基本の配列。

$array2

比較対象となる配列。

$...

比較対象となる配列は1つだけではなく、可変引数として第3引数以降に指定できる。

返り値

array

第1引数の配列にはあって、第2引数以降に指定した配列にはない要素を集めた配列。

サンプルコード

<?php
	$array1 = [
		"a" => 1 ,
		"b" => 2 ,
		"c" => 3 ,"d" => 4 ,
	] ;

	$array2 = [
		"a" => 1 ,
		"b" => 2 ,
		"c" => 5 ,
		"e" => 4 ,
	] ;

	$response = array_diff_assoc( $array1, $array2 ) ;

デモ

要素の差異を確認する

第1引数で指定した基本の配列にはあって、第2引数にはない要素(キーと値の組み合わせ)を調べます。キーと値の両方が同じでなければ、違う要素と判定されます。第1引数と第2引数を入れ替えると違う結果になります。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array1 = [
		"a" => 1 ,
		"b" => 2 ,
		"c" => 3 ,
		"d" => 4 ,
	] ;

	$array2 = [
		"a" => 1 ,
		"b" => 2 ,
		"c" => 5 ,
		"e" => 4 ,
	] ;

	$response = array_diff_assoc( $array1, $array2 ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [c] => 3
    [d] => 4
)

第3引数以降を指定する

比較対象となる配列は1つだけではなく、第3引数以降で複数指定できます。第2引数以降の全ての配列の要素が比較対象となります。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array1 = [
		"a" => 1 ,
		"b" => 2 ,
		"c" => 3 ,
		"d" => 4 ,
	] ;

	$array2 = [
		"a" => 1 ,
		"b" => 2 ,
	] ;

	$array3 = [
		"c" => 3 ,
	] ;

	$response = array_diff_assoc( $array1, $array2, $array3 ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [d] => 4
)

比較方法

比較方法は(string)$a===(string)$bで行われます。なので、文字列に型変換して同じになる値は、同じものと判定されます。

<?php
/*** このコードは編集できます。 ***/

	$array1 = [
		"a" => 1 ,
		2 => 2 ,
		"c" => 3 ,
	] ;

	$array2 = [
		"a" => "1" ,
		"2" => 2 ,
		"c" => 5 ,
	] ;

	$response = array_diff_assoc( $array1, $array2 ) ;

	print_r( $response ) ;
Array
(
    [c] => 3
)
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月21日 (水)
コンテンツを公開しました。