SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

String.prototype.indexOf() - 文字を前方から検索して位置を返す

String.prototype.indexOf()は、引数の文字列を元の文字列の前方から検索して一番最初にヒットした位置を返すメソッドです。ヒットしなかった場合は-1が返ります。

概要

名前
indexOf
所属
String.prototype
仕様書
https://tc39.github.io/ecma262/#sec-string.prototype.indexof

説明

String.prototype.indexOf ( searchString [ , position ] )

第1引数(searchString)には、検索対象の文字列を指定する。

第2引数(position)には、任意で検索を開始する位置を指定する。これより前は検索対象外となる。位置は区切り線をどこに入れるかで考えると分かりやすい。負の数は指定できない。

文字列が含まれている場合は位置を表す数値、それ以外は-1が返る。位置は、1文字目を0として数える。

開始位置の指定
開始位置の指定

デモ

String.prototype.indexOf()のデモです。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
body {
	white-space: pre-wrap ;
}
	</style>
</head>
<body>
<script>
/** try it! **/
var string = "SYNCER" ;

var a = string.indexOf( "NCE" ) ;
var b = string.indexOf( "CER" ) ;
var c = string.indexOf( "nce" ) ;
var d = string.indexOf( "NCE", 3 ) ;
var e = string.indexOf( "CER", 3 ) ;
/** try it! **/

var results = { a:a, b:b, c:c, d:d, e:e, } ;

for( var name in results ) {
	console.log( name, results[name] ) ;
	document.body.appendChild( new Text( name + " = " + JSON.stringify( results[name] ) + "\n" ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年9月29日 (金)
コンテンツを公開しました。