SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

String.fromCodePoint() - サロゲートペアを含めて、UnicodeのCode pointを文字列に変換する

String.fromCodePoint()は、UnicodeのCode pointを文字列に変換するメソッドです。一部の漢字や絵文字など、サロゲートペアに対応しています。

概要

名前
fromCodePoint
所属
String
仕様書
https://tc39.github.io/ecma262/#sec-string.fromcodepoint

説明

String.fromCodePoint ( ...codePoints )

引数(...codeUnits)にはUnicodeのコードポイントを指定する。可変長で任意の数だけ指定可能。

デモ

String.fromCodePoint()のデモです。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
body {
	white-space: pre-wrap ;
}
	</style>
</head>
<body>
<script>
/** try it! **/
var a = String.fromCodePoint( 0x2f873, 0x2f852, 0x2f945 ) ;
/** try it! **/

var results = { a:a, } ;

for( var name in results ) {
	console.log( name, results[name] ) ;
	document.body.appendChild( new Text( name + " = " + JSON.stringify( results[name] ) + "\n" ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年9月29日 (金)
コンテンツを公開しました。