SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

Array.prototype.push() - 配列の末尾に要素を追加する

Array.prototype.push()は、配列の末尾に要素を追加するメソッドです。元の配列が変更されます。引数は可変で、一度にいくつも追加することができます。

概要

名前
push
所属
Array.prototype
仕様書
https://tc39.github.io/ecma262/#sec-array.prototype.push

説明

Array.prototype.push ( ...items )

引数(...items)に指定した要素を元の配列の末尾に追加し、追加後の配列の長さ(length)を返します。引数は可変なので一度の実行で複数の要素を追加できます。

デモ

Array.prototype.push()のデモです。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
body {
	white-space: pre-wrap ;
}
	</style>
</head>
<body>
<script>
/** try it! **/
var array = [ "S", "Y", "N", "C" ] ;

var a = array.push( "E", "R" ) ;	// 返り値
var b = array ;	// 元の配列
/** try it! **/

var results = { a:a, b:b, } ;

for( var name in results ) {
	console.log( name, results[name] ) ;
	document.body.appendChild( new Text( name + " = " + JSON.stringify( results[name] ) + "\n" ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年9月26日 (火)
コンテンツを公開しました。