SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

評価を与えないリンクを貼る方法

問題提起などで信頼できないサイトにリンクを貼らなければいけない場合、a要素のrel属性に"nofollow"を指定しましょう。Googleなどの検索エンジンはリンク先を辿らず、相手にSEO上の評価を与えません。

サンプルコード

<a href="https://example.com/" rel="nofollow">リンク</a>

デモ

nofollow属性値を付けても見た目には変化がないので、利用するユーザーに影響はありません。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<p>下記が盗作をした、問題のあるサイトです。</p>

<p><a href="https://example.com/" rel="nofollow">https://example.com/</a></p>

備考

nofollowを付けるケースとは?

リンクで生じる問題

関係のないサイト、信頼のできないサイトにリンクを貼ることなんてあるのでしょうか?そのケースを考える上で、一番分かりやすい例は、ブログなどで訪問者が自由に投稿できるコメントシステムです。Googleをはじめとした検索エンジンは、被リンク(他サイトからリンクを貼られている)を高く評価し、順位を上げます。その性質を利用して、自分のウェブサイトの順位を上げようと、関係のない多くのサイトのコメントシステムに宣伝コメントを投稿する輩がいます。いわゆるスパム行為ですね。

コメントシステムの運営者からすれば、2つの大きなデメリットがあります。1つは「ノイズのコメントが増える」という見た目上のデメリットです。スパム投稿が多いコメントシステムなんて誰も見たくないですよね。自然と利用者も減っていってしまうでしょう。それに加えて、もう1つの致命的なデメリットがあります。それは、検索エンジンから「怪しいサイトにリンクを貼っているウェブサイトと低評価されてしまうこと」です。このことで、検索結果の順位が下落するのは痛手ですよね。

無関係であることを明示する

こういった悩みを解決してくれるのが、rel="nofollow"です。簡単に言うと、検索エンジンに「このリンク先はうちとは無関係で信頼できないから調べなくていいよ」という意思を伝えられます。コメントシステムの例で言えば、誰もが簡単にリンクを貼れる場合は、出力されるa要素に、自動的に"nofollow"を付けるようにすれば安心というわけですね。もちろん、「ノイズのコメントが増える」という問題は残りますが、SEO(検索エンジン最適化)の上では、大きな対策となります。実際に、TwitterやFacebook、WordPressのコメントシステムなどにおいては、常識的に、このような仕様が施されています。

他にも、例えば、あなたが何らかの問題がある企業をウェブページにて告発し、その説明の中で参考リンクを貼りたい場合などは、リンク先に利益を与えないようにnofollow属性値を利用するといいでしょう。

Googleのポリシーは?

多くの人が一番気になるのは、「Googleはnofollowをどう解釈するのか?」ということでしょう。Google自身が説明しているページがあるので目を通しておくことをオススメします。具体的に、「信頼できないコンテンツ」「有料リンク」「クロールの優先順位」という使用例が挙げられています。

通常、Google は、これらのリンクをたどりません。つまり、これらのリンクの PageRank やアンカー テキストを転送しません。原則的に、nofollow を使用することは、Google のウェブ全体の図式からリンクを除外することになります。ただし、他のサイトが nofollow を使用せずに対象ページにリンクしている場合や、URL がサイトマップで Google に送信されている場合、対象ページがインデックスに表示されることがあります。また、他の検索エンジンでの nofollow の処理が少し異なる場合もあります。

nofollow が指定されたリンクの Google での処理
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年6月22日 (木)
コンテンツを公開しました。