SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

XMLHttpRequest.responseXML - レスポンスのXML表現

responseXMLは、XMLHttpRequestのプロパティです。レスポンスの内容をXMLDocumentで返します。

概要

名前
responseXML
所属
XMLHttpRequest
IDL
[Exposed=Window] readonly attribute Document? responseXML;
仕様書
https://xhr.spec.whatwg.org/#dom-xmlhttprequest-responsexml

説明

レスポンスの内容をXMLDocumentで返す。

responseTypeの値が""、または"document"の場合のみ有効。それ以外で参照しようとするとエラーが発生する。

デモ

XMLHttpRequest.responseXMLのデモです。ボタンをクリックすると、あるXMLファイルをダウンロードします。responseTextとresponseXMLで値の型が違うのを確認しましょう。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
body { word-break: break-all ; tab-size: 2 ; }
div#result { white-space: pre-wrap ; }
textarea#fuga { box-sizing: border-box ; width: 100% ; font-size: 16px ; }
</style>
</head>
<body>
<p><button id="send">通信 [send()]</button></p>
<hr>
<textarea rows="15" id="fuga"></textarea>
<hr>
<div id="result"></div>
<script>
var xhr = new XMLHttpRequest() ;

xhr.onloadstart = function ( event ) {
	appendText( "[loadstart] ダウンロードを開始しました!!" + "\n" ) ;
}

xhr.onprogress = function ( event ) {
	appendText( "[progress] ダウンロード中…" + "\n" ) ;
}

xhr.onload = function ( event ) {
	appendText( "[load] ダウンロードが正常に完了しました!!" + "\n" ) ;
}

xhr.onloadend = function ( event ) {
	appendText( "[loadend] ダウンロードを終了しました!!" + "\n" ) ;
	console.log( xhr ) ;
	document.getElementById( "fuga" ).value = "responseXML: " + "\n" + xhr.responseXML + "\n\n" + "responseText: " + "\n" + xhr.responseText ;
}

xhr.onerror = function ( event ) {
	appendText( "[error] ダウンロードに失敗しました…。" + "\n" ) ;
}

document.getElementById( "send" ).onclick = function () {
	xhr.open( "GET", "./demo.xml" ) ;
	xhr.send() ;
}

function appendText ( text ) {
	document.getElementById( "result" ).appendChild( document.createTextNode( text ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月23日 (月)
コンテンツを公開しました。