SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

XMLHttpRequest.UNSENT - 0 (設定される前)

UNSENTは、XMLHttpRequestの定数です。0を返します。この値は、オブジェクトが作成され、まだopen()で通信先の設定がされていない状態であることを表します。

概要

名前
UNSENT
所属
XMLHttpRequest
IDL
const unsigned short UNSENT = 0;
仕様書
https://xhr.spec.whatwg.org/#dom-xmlhttprequest-unsent

チュートリアル

この定数は、readyStateの値との照合に利用します。下記は通信状態が、まだ設定前であることを確認する例です。

var xhr = new XMLHttpRequest() ;

if ( xhr.readyState === XMLHttpRequest.UNSENT ) {
	console.log( "まだopen()で設定されていません。" ) ;
}

デモ

XMLHttpRequest.UNSENTのデモです。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
body {
	white-space: pre-wrap ;
}
	</style>
</head>
<body>
<script>
/** try it! **/
var xhr = new XMLHttpRequest() ;

var a = XMLHttpRequest.UNSENT ;
var b = xhr.UNSENT ;
/** try it! **/

var results = { a:a, b:b, } ;

for( var name in results ) {
	console.log( name, results[name] ) ;
	document.body.appendChild( document.createTextNode( name + " = " + JSON.stringify( results[name] ) + "\n" ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
6+ 9+ 12+
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月22日 (日)
コンテンツを公開しました。