SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

Window.moveTo() - 絶対指定で移動する

moveTo()は、Windowのメソッドです。絶対位置を指定して、ウィンドウを移動します。

概要

名前
moveTo
所属
Window
IDL
void moveTo(long x, long y);
仕様書
https://drafts.csswg.org/cssom-view/#dom-window-moveto

説明

第1引数(x)には、水平位置(Screen.availWidthの左端からの距離)を、ピクセル単位の数値で指定します。正の数で左方向、負の数で右方向に移動します。

第2引数(y)には、垂直位置(Screen.availHeightの上端からの距離)を、ピクセル単位の数値で指定します。正の数で下方向、負の数で上方向に移動します。

操作するには、同一オリジンポリシーに違反してはいけません。

デモ

Window.moveTo()のデモです。新しく開いたウィンドウに対してメソッドを実行します。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
<p><button id="open">ウィンドウを開く</button></p>
<p><button id="moveTo">絶対指定で移動 [moveTo()]</button></p>
<p><button id="moveBy">相対指定で移動 [moveTo()]</button></p>
<p><button id="resizeTo">絶対指定でリサイズ [resizeTo()]</button></p>
<p><button id="resizeBy">相対指定でリサイズ [resizeBy()]</button></p>
<script>
var myWindow ;

document.getElementById( "open" ).onclick = function () {
	myWindow = open( "/", null, "width=200,height=200" ) ;
}

document.getElementById( "moveTo" ).onclick = function () {
	myWindow.moveTo( 300, 300 ) ;
}

document.getElementById( "moveBy" ).onclick = function () {
	myWindow.moveTo( 25, -50 ) ;
}

document.getElementById( "resizeTo" ).onclick = function () {
	myWindow.resizeTo( 250, 250 ) ;
}

document.getElementById( "resizeBy" ).onclick = function () {
	myWindow.resizeBy( -25, 50 ) ;
}
</script>

</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
12+
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月18日 (水)
コンテンツを公開しました。