SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

Window.close() - ウィンドウを閉じる

close()は、Windowのメソッドです。ウィンドウを閉じます。

概要

名前
close
所属
Window
IDL
void close();
仕様書
https://html.spec.whatwg.org/multipage/window-object.html#dom-window-close

説明

引数はありません。返り値もありません。

ウィンドウは、自身が開かれたウィンドウである場合、メソッドで閉じることができます。

デモ

Window.close()のデモです。スクリプトで開くと、開いた元のページから、または開かれたページから閉じることができます。手動で開くと、開かれたページから閉じることができます。開かれたページのURLアドレスをコピーして、新しいタブを開いてURLアドレス欄にペーストして移動してみて下さい。その場合は、スクリプトでウィンドウを閉じることができないはずです。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
<p><button id="open">スクリプトでウィンドウを開く</button></p>
<p><button id="close">開いたウィンドウを閉じる</button></p>
<hr>
<p><a href="./demo.html" target="_blank">手動でウィンドウを開く</a></p>
<script>
var myWindow ;

document.getElementById( "open" ).onclick = function () {
	myWindow = open( "./demo.html" ) ;
}

document.getElementById( "close" ).onclick = function () {
	if( myWindow && !myWindow.closed ) {
		myWindow.close() ;
	}
}
</script>

</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月13日 (金)
コンテンツを公開しました。