SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

WebSocket.url - 通信先のURL

urlは、WebSocketのプロパティです。ソケット通信先のurlを返します。

概要

名前
url
所属
WebSocket
IDL
readonly attribute USVString url;
仕様書
https://html.spec.whatwg.org/multipage/web-sockets.html#dom-websocket-url

説明

通信先のurlを表す文字列。接続中であるかないかは関係なくurlを返す。値の代入はできません。

チュートリアル

値は取得できますが、代入はできません。

JavaScript

// WebSocketを取得
var ws = new WebSocket( "wss://socket.syncer.jp/connect" ) ;

// urlを取得
var value = ws.url ;	// "wss://socket.syncer.jp/connect"

デモ

WebSocket.urlのデモです。「接続」のボタンを押してから、「取得」のボタンを押してみて下さい。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
	div#result { white-space: pre-wrap }
</style>
</head>
<body>
	<p>
		<button id="hoge">接続</button>
		<button id="fuga">切断</button>
		<button id="piyo">取得</button>
	</p>
<hr>
	<div id="result"></div>
<script>
var ws = null ;
var element1 = document.getElementById( "hoge" ) ;
var element2 = document.getElementById( "fuga" ) ;
var element3 = document.getElementById( "piyo" ) ;

// 接続
element1.onclick = function () {
	if ( ws && ws.readyState === 1 ) return false ;

	ws = new WebSocket( "wss://socket.syncer.jp/connect" ) ;

	ws.onopen = function() {
		ws.onmessage = function( message ) {
			logUpdate( message.data ) ;
		}

		ws.onclose = function() {
			logUpdate( "通信を切断しました。" ) ;
		}
	}
}

// 切断
element2.onclick = function () {
	if ( ws && ws.readyState === 1 ) ws.close() ;
}

// 取得
element3.onclick = function () {
	var value = ws.url ;
	logUpdate( value, true ) ;
}

var logUpdate = function ( text, noDate ) {
	var resultElement = document.getElementById( "result" ) ;
	resultElement.textContent = text + ( noDate ? "" : "(" + new Date().toLocaleString() + ")" ) + "\n" + resultElement.textContent ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
11+ 6.0+ 10+ 15+ 6.0+ 4.4+
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月3日 (火)
コンテンツを公開しました。