SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

WebSocket() - コンストラクタ

WebSocket()は、WebSocketのコンストラクタです。新しいオブジェクトを作成します。

概要

名前
WebSocket
所属
WebSocket
IDL
Constructor(USVString url, optional (DOMString or sequence<DOMString>) protocols = [])
仕様書
https://html.spec.whatwg.org/multipage/web-sockets.html#dom-websocket

説明

第1引数(url)には、接続先のURLアドレスを指定します。

第2引数(protocols)には、サーバー側が許可するSec-WebSocket-Protocolのプロトコルを配列で指定します。

チュートリアル

コンストラクタでWebSocketを作成する例です。作成と同時に接続を行ないます。

var ws = new WebSocket( "wss://socket.syncer.jp/connect" ) ;

デモ

WebSocket()のデモです。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<style>
body { word-break: break-all ; tab-size: 2 ; }
div#result { white-space: pre-wrap ; }
</style>
<body>
<div id="result"></div>
<script>
var ws = new WebSocket( "wss://socket.syncer.jp/connect" ) ;

console.log( ws ) ;
appendText( ws ) ;

function appendText ( text ) {
	document.getElementById( "result" ).appendChild( document.createTextNode( text ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
11+ 6.0+ 10+ 15+ 6.0+ 4.4+
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月24日 (火)
コンテンツを公開しました。