SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

URLSearchParams() - コンストラクタ

URLSearchParams()は、URLSearchParamsのコンストラクタです。新しいオブジェクトを作成します。

概要

名前
URLSearchParams
所属
URLSearchParams
IDL
Constructor(optional (sequence<sequence<USVString>> or record<USVString, USVString> or USVString) init = "")
仕様書
https://url.spec.whatwg.org/#dom-urlsearchparams-urlsearchparams

説明

引数(init)には、クエリの内容を配列、オブジェクト、文字列のいずれかで指定します。

チュートリアル

コンストラクタでURLSearchParamsを作成する例です。

var urlSearchParams = new URLSearchParams() ;

引数の指定方法は様々です。下記はいずれも同じ内容のオブジェクトを作成します。

// 文字列
new URLSearchParams( "hoge=1&fuga=2" ) ;

// 配列
new URLSearchParams( [
	[ "hoge", "1" ] ,
	[ "fuga", "2" ] ,
] ) ;

// オブジェクト
new URLSearchParams( {
	"hoge": "1" ,
	"fuga": "2" ,
} ) ;

デモ

URLSearchParams()のデモです。様々な引数を試してみて下さい。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
body { word-break: break-all ; tab-size: 2 ; }
div#result { white-space: pre-wrap ; }
</style>
</head>
<body>
<div id="result"></div>
<script>
var urlSearchParams = new URLSearchParams( "hoge=1&fuga=2" ) ;
// var urlSearchParams = new URLSearchParams( [ [ "hoge", "1" ], [ "fuga", "2" ] , ] ) ;
// var urlSearchParams = new URLSearchParams( { "hoge": "1", "fuga": "2" , } ) ;

function getParamsInfo() {
	document.getElementById( "result" ).textContent = "" ;

	console.log( urlSearchParams ) ;
	appendText( urlSearchParams + "\n" ) ;

	urlSearchParams.forEach( function ( value, name ) {
		appendText( "\t" + name + ": " + value + "\n" ) ;
	} ) ;
}

function appendText ( text ) {
	document.getElementById( "result" ).appendChild( document.createTextNode( text ) ) ;
}

getParamsInfo() ;
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
49+ 29+ 10+×× 36+ 10.0+×
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月20日 (金)
コンテンツを公開しました。