SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

Range.setEnd() - 終点を位置で設定する

setEnd()は、Rangeのメソッドです。終点を位置で設定します。

概要

名前
setEnd
所属
Range
IDL
void setEnd(Node node, unsigned long offset);
仕様書
https://dom.spec.whatwg.org/#dom-range-setend

説明

第1引数(node)には、終点を含むノード(endContainer)を指定します。

第2引数(offset)には、ノードの先頭からのオフセット(endOffset)を数値で指定します。

デモ

Range.setEnd()のデモです。選択範囲をRangeで表現したオブジェクトにメソッドを実行します。テキストを選択してみて下さい。メソッドを実行するため、endOffsetの値が必ず8になるのを確認して下さい。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<head>
<style>
body { word-break: break-all ; }
div#result { white-space: pre-wrap ; }
</style>
</head>
<body>
<p>1234567890<br>あいうえおかきくけこ<br>abcdefghij<br>ABCDEFGHIJ</p>
<hr>
<div id="result"></div>
<script>
document.onselectionchange = function () {
	document.getElementById( "result" ).textContent = "" ;

	var selection = getSelection() ;
	var range = selection.getRangeAt(0) ;

	var node = range.endContainer ;
	range.setEnd( node, 8 ) ;	// 引数を調整してみよう!

	console.log( range ) ;
	appendText( range + "\n\n" ) ;

	appendText( "startContainer: " + range.startContainer + "\n" ) ;
	appendText( "startContainer.data: " + range.startContainer.data + "\n" ) ;
	appendText( "startOffset: " + range.startOffset + "\n" ) ;
	appendText( "endContainer: " + range.endContainer + "\n" ) ;
	appendText( "endContainer.data: " + range.endContainer.data + "\n" ) ;
	appendText( "endOffset: " + range.endOffset + "\n" ) ;
	appendText( "collapsed: " + range.collapsed + "\n" ) ;
	appendText( "commonAncestorContainer: " + range.commonAncestorContainer + "\n" ) ;
	appendText( "commonAncestorContainer.data: " + range.commonAncestorContainer.data + "\n" ) ;
}

function appendText ( text ) {
	document.getElementById( "result" ).appendChild( document.createTextNode( text ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
9+
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月16日 (月)
コンテンツを公開しました。