SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

MutationObserver - ノードの監視

MutationObserverは、ノードの変化を監視するための機能を備えたインターフェイスです。

概要

名前
MutationObserver
IDL
[Constructor(MutationCallback callback),
 Exposed=Window]
interface MutationObserver {
  void observe(Node target, optional MutationObserverInit options);
  void disconnect();
  sequence<MutationRecord> takeRecords();
};

callback MutationCallback = void (sequence<MutationRecord> mutations, MutationObserver observer);

dictionary MutationObserverInit {
  boolean childList = false;
  boolean attributes;
  boolean characterData;
  boolean subtree = false;
  boolean attributeOldValue;
  boolean characterDataOldValue;
  sequence<DOMString> attributeFilter;
};
仕様書
https://dom.spec.whatwg.org/#mutationobserver

チュートリアル

MutationObserverはコンストラクタで作成できます。引数には、対象のノードに変化があった時に実行するコールバック関数を指定します。

var mo = new MutationObserver( callbackFn ) ;

コンストラクタ

MutationObserver()

MutationObserverのコンストラクタです。

プロパティ

固有のプロパティはありません。

メソッド

固有のメソッドはありません。

定数

固有の定数はありません。

イベント

固有のイベントハンドラはありません。

サポート状況

クリックすると、バージョンごとの対応状況を確認できます。

FeaturesChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
MutationObserver確認中確認中確認中確認中確認中確認中確認中確認中
MutationObserver()確認中確認中確認中確認中確認中確認中確認中確認中
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月24日 (火)
コンテンツを公開しました。