SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

MouseEvent.movementY - 垂直方向に移動した距離

movementYは、MouseEventのプロパティです。前回発生したイベントと今回発生したイベントとの間で、ポインタが垂直方向に移動した距離を返します。mousemoveイベントで有効です。

概要

名前
movementY
所属
MouseEvent
IDL
readonly attribute long movementY;
仕様書
https://w3c.github.io/pointerlock/#dom-mouseevent-movementy

説明

ポインタの垂直方向の移動距離を表す数値を返す。取得できない場合は0を返す。

計算は、今回のMouseEvent.screenYから、前回のMouseEvent.screenYを減算したものです。そのため、下方向に動かすと正の値、上方向に動かすと負の値になります。

デモ

MouseEvent.movementYのデモです。div要素(茶色い部分)にclickイベントを設定しました。ポインタを動かしてみて下さい。このプロパティは、Pointer Lock APIで追加されたものです。そちらのデモも併せてご参考下さい。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
div#hoge {
	width: 100% ;
	min-height: 150px ;
	background-color: #d36015 ;
}

div#result {
	white-space: pre-wrap ;
}
</style>
</head>
<body>
<div id="hoge"></div>
<hr>
<div id="result"></div>
<script>
/** try it! **/
var callbackFn =  function ( event ) {
	console.log( "movementY", event.movementY ) ;

	resultElement.innerHTML = "" ;
	resultElement.appendChild( new Text( "currentTarget: " + event.currentTarget + "(#" + event.currentTarget.id + ")" + "\n" ) ) ;
	resultElement.appendChild( new Text( "movementX: " + event.movementX + "\n" ) ) ;
	resultElement.appendChild( new Text( "movementY: " + event.movementY + "\n" ) ) ;
} ;

document.getElementById( "hoge" ).addEventListener( "mousemove", callbackFn ) ;
/** try it! **/

var resultElement = document.getElementById( "result" ) ;
</script>

</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
37+ 41+ 10+× 24+× 4.4+
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月9日 (月)
コンテンツを公開しました。