SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

GlobalEventHandlers.onmousemove - マウスポインタを動かした時に発火するイベント

onmousemoveは、GlobalEventHandlersのイベントです。マウスポインタを動かした時にmousemoveイベントが発生し、ここに設定したコールバック関数が呼び出されます。

概要

名前
onmousemove
所属
GlobalEventHandlers
イベント
mousemove
IDL
attribute EventHandler onmousemove;

typedef EventHandlerNonNull? EventHandler;

callback EventHandlerNonNull = any (Event event);
仕様書
https://html.spec.whatwg.org/multipage/webappapis.html#handler-onmousemove

チュートリアル

onmousemoveでイベントを設定する例です。

element.onmousemove = function ( event ) {
	console.log( event ) ;
}

Event.addEventListener()でも、同様にイベントを設定できます。

element.addEventListener( "mousemove", function ( event ) {
	console.log( event ) ;
} ) ;

デモ

GlobalEventHandlers.onmousemoveのデモです。イベントの発生回数をカウントしています。マウスポインタを動かすとイベントが発生するのを確認しましょう。onmousemoveで発生したイベントだけ、オブジェクトの内容を表示しています。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
body { word-break: break-all ; tab-size: 2 ; }
div#result { white-space: pre-wrap ; }
div#hoge { width: 160px ; height: 120px ; line-height: 120px ; text-align: center ; background-color: red ; font-weight: 700 ; color: #fff ; }
</style>
</head>
<body>
<div id="hoge">event target</div>
<hr>
<p>回数→<span class="count">0</span></p>
<hr>
<div id="result"></div>
<script>
var element = document.getElementById( "hoge" ) ;

element.onmousemove = getEventInfo ;

function getEventInfo( event ) {
	document.getElementById( "result" ).textContent = "" ;
	document.getElementsByClassName( "count" )[0].textContent = ++number ;

	console.log( event ) ;
	appendText( event + "\n" ) ;
	for( var key in event ) {
		appendText( key + ": " + event[key] + "\n" ) ;
	}
}

function appendText ( text ) {
	document.getElementById( "result" ).appendChild( document.createTextNode( text ) ) ;
}

var number = 0 ;
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月19日 (木)
コンテンツを公開しました。