SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

GlobalEventHandlers.onchange - 変化した時に発火するイベント

onchangeは、GlobalEventHandlersのイベントです。変化した時にchangeイベントが発生し、ここに設定したコールバック関数が呼び出されます。

概要

名前
onchange
所属
GlobalEventHandlers
イベント
change
IDL
attribute EventHandler onchange;

typedef EventHandlerNonNull? EventHandler;

callback EventHandlerNonNull = any (Event event);
仕様書
https://html.spec.whatwg.org/multipage/webappapis.html#handler-onchange

チュートリアル

onchangeでイベントを設定する例です。

<input id="hoge">
var element = document.getElementById( "hoge" ) ;

element.onchange = function ( event ) {
	console.log( event ) ;
}

Event.addEventListener()でも、同様にイベントを設定できます。

element.addEventListener( "change", function ( event ) {
	console.log( event ) ;
} ) ;

デモ

GlobalEventHandlers.onchangeのデモです。input要素にイベントを設定しました。チェックを付け外ししてみて下さい。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
body { word-break: break-all ; tab-size: 2 ; }
div#result { white-space: pre-wrap ; }
</style>
</head>
<body>
<label><input type="checkbox" id="hoge">チェックボックス</lanel>
<hr>
<p>イベント発生回数→<span id="count">0</span></p>
<hr>
<div id="result"></div>
<script>
var number = 0 ;
var element = document.getElementById( "hoge" ) ;

element.onchange = getEventInfo ;

function getEventInfo( event ) {
	document.getElementById( "result" ).textContent = "" ;
	document.getElementById( "count" ).textContent = ++number ;

	console.log( event ) ;

	appendText( event + "\n" ) ;

	for( var key in event ) {
		appendText( key + ": " + event[key] + "\n" ) ;
	}
}

function appendText ( text ) {
	document.getElementById( "result" ).appendChild( document.createTextNode( text ) ) ;
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月17日 (火)
コンテンツを公開しました。