SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

CSSStyleDeclaration.item() - インデックス番号からプロパティ名を取得する

item()は、CSSStyleDeclarationのメソッドです。インデックス番号を指定してプロパティ名を取得します。

概要

名前
item
所属
CSSStyleDeclaration
IDL
getter CSSOMString item(unsigned long index);

typedef USVString CSSOMString;
仕様書
https://drafts.csswg.org/cssom/#dom-cssstyledeclaration-item

説明

引数(index)には、インデックス番号を指定する。

チュートリアル

メソッドを利用してmime typeを取得する例です。

var cssStyleDeclaration = getComputedStyle( element ) ;

cssStyleDeclaration.item( 0 ) ;	// 1つ目のプロパティ名
cssStyleDeclaration.item( 1 ) ;	// 2つ目のプロパティ名
cssStyleDeclaration.item( 2 ) ;	// 3つ目のプロパティ名

このメソッドは、下記の通り、ブラケット記法で代用できます。特に理由がなければ、こちらを利用しましょう。

cssStyleDeclaration[0] ;	// 1つ目のプロパティ名
cssStyleDeclaration[1] ;	// 2つ目のプロパティ名
cssStyleDeclaration[2] ;	// 3つ目のプロパティ名

デモ

CSSStyleDeclaration.item()のデモです。style属性のスタイルシートを取得する場合と、計算値のスタイルシートを取得する場合で、値が違うのを確認しましょう。

<!-- このコードは編集できます。 -->

<!DOCTYPE html>
<head>
<style>
div#result { white-space: pre-wrap ; }
</style>
</head>
<body>
<p id="hoge" style="color:black;">SYNCER</p>
<hr>
<div id="result"></div>
<script>
var element = document.getElementById( "hoge" ) ;
var cssStyleDeclaration = element.style ;	// style属性の場合
// var cssStyleDeclaration = getComputedStyle( element ) ;	// 計算値の場合

console.log( cssStyleDeclaration ) ;
appendText( cssStyleDeclaration + "\n\n" ) ;

for( var i=0,l=cssStyleDeclaration.length; l>i; i++ ) {
	var propertyName = cssStyleDeclaration.item( i ) ;
	console.log( propertyName ) ;
	appendText( "item( " + i + " ): " + propertyName + "\n" ) ;
}

function appendText( text ) {
	document.getElementById( "result" ).appendChild( document.createTextNode( text ) ) ; 
}
</script>
</body>
</html>

サポート状況

ChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月14日 (土)
コンテンツを公開しました。