SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

Blob - Blob型のデータ

Blobは、Blob型のデータを管理する機能を備えたインターフェイスです。

概要

名前
Blob
IDL
[Constructor(optional sequence<BlobPart> blobParts, optional BlobPropertyBag options), Exposed=(Window,Worker), Serializable]
interface Blob {
  readonly attribute unsigned long long size;
  readonly attribute DOMString type;

  // slice Blob into byte-ranged chunks
  Blob slice([Clamp] optional long long start, [Clamp] optional long long end, optional DOMString contentType);
};

dictionary BlobPropertyBag {
  DOMString type = "";
};

typedef (BufferSource or Blob or USVString) BlobPart;

typedef (ArrayBufferView or ArrayBuffer) BufferSource;

typedef (Int8Array or Int16Array or Int32Array or Uint8Array or Uint16Array or Uint32Array or Uint8ClampedArray or Float32Array or Float64Array or DataView) ArrayBufferView;
仕様書
https://w3c.github.io/FileAPI/#dfn-Blob

チュートリアル

Blobを作成するには、コンストラクタを利用します。第1引数(blobParts)には内容を配列で、第2引数(options)にはtypeを持ったオブジェクトを指定して下さい。typeにはmime typeを指定します。下記はテキストのBlobを作成する例です。

var blob = new Blob( [ "SYNCER" ], { type: "text/plain" } ) ;

プロパティ

size

Blobのデータのサイズをbyte単位の数値で返します。

type

Blobのデータのmime typeを文字列で返します。

メソッド

slice()

データの一部を切り取り、その部分を新たなBlobとして返します。

定数

固有の定数はありません。

イベント

固有のイベントハンドラはありません。

サポート状況

クリックすると、バージョンごとの対応状況を確認できます。

FeaturesChromeFirefoxSafariEdgeIEOperaiOS SafariAndroid
Blob 5.1+ 10+
size 43+ 7.1+ 10+ 30+ 8.3+×
slice() 21+ 13+ 7.1+ 10+ 7.0+ 4.4+
type 43+ 7.1+ 10+ 30+ 8.3+×
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年10月4日 (水)
コンテンツを公開しました。