SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

StreetViewPanorama

StreetViewPanoramaクラスはストリートビューを表示するためのクラスです。Mapクラスと同じく、キャンパス(div要素)を指定して、その場所にストリートビューを表示します。あらかじめ地図が指定してあるキャンパスに、上書きして表示することもできます。

構文

StreetViewPanorama( container:Element, opts?:StreetViewPanoramaOptions )

パラメータ

container

Element

ストリートビューを表示するHTML要素を指定する。この要素にはスタイルシートなどを利用して横幅と高さを設定しておくこと。

opts

StreetViewPanoramaOptions

ストリートビューのオプションとなるオブジェクト。position(位置座標)、またはpano(パノラマID)で場所を指定しないと何も表示されない。

返り値

StreetViewPanorama

StreetViewPanoramaクラスのインスタンス。このインスタンスにメソッドを実行したりイベントを設定してストリートビューを操作できる。

デモ

ストリートビューを作成するデモです。オプションについては、StreetViewPanoramaOptionsオブジェクトをご参考下さい。

var streetViewPanorama = new google.maps.StreetViewPanorama( container, {
	position: new google.maps.LatLng( 35.77605114120131, 139.78860309786995 ) ,
} ) ;

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
#streetview-canvas {
	width: 600px ;
	height: 600px ;
}
	</style>
</head>
<body>
	<div id="streetview-canvas"></div>

	<script src="//maps.googleapis.com/maps/api/js?key={APIキー}"></script>
	<script>
var container = document.getElementById( "streetview-canvas" ) ;

// StreetViewPanorama
var streetViewPanorama = new google.maps.StreetViewPanorama( container, {
	position: new google.maps.LatLng( 35.77605114120131, 139.78860309786995 ) ,
} ) ;
	</script>
</body>
</html>

デモページを開く

オプション

StreetViewPanoramaOptionsに指定できるプロパティの一覧です。

名前説明
addressControl住所案内の表示を調整する。
addressControlOptions住所案内の表示位置などを調整する。
clickToGoクリックによる位置変更の有効、無効を調整する。
disableDefaultUIデフォルトで表示されている各コントローラを非表示にする。
disableDoubleClickZoomダブルクリックによるズームアップを禁止する。
enableCloseButtonストリートビューを閉じるボタンの表示を調整する。
fullscreenControlフルスクリーン・コントローラの表示を調整する。
fullscreenControlOptionsフルスクリーン・コントローラの表示位置などを調整する。
imageDateControlストリートビューに表示されている、画像の撮影日の表示を調整する。
linksControl矢印のコントローラの表示を調整する。
motionTrackingモーション・トラッキングの有効、無効を調整する。
motionTrackingControlモーション・トラッキング・コントローラの表示を調整する。
motionTrackingControlOptionsモーション・トラッキング・コントローラの表示位置などを調整する。
panControlパン・コントローラの表示を調整する。
panControlOptionsパン・コントローラの表示位置などを調整する。
panoストリートビューで表示する場所をパノラマidで指定する。
positionストリートビューで表示する場所を位置座標で指定する。
pov視点を調整する。
scrollwheelホイール操作によるズーム値の変更の有効、無効を調整する。
showRoadLabels道路名の表示を調整する。
visibleストリートビューの表示状態を調整する。
zoomズーム値を調整する。
zoomControlズーム・コントローラの表示を調整する。
zoomControlOptionsズーム・コントローラの表示位置などを調整する。

メソッド

名前説明
getLinks()現在表示している場所の、リンクの情報を取得する。
getLocation()現在表示している場所の情報を取得する。
getMotionTracking()モーション・トラッキングが有効か否かを取得する。
getPano()パノラマIDを取得する。
getPhotographerPov()画像撮影時の方向と角度を取得する。
getPosition()位置座標を取得する。
getPov()操作中のユーザーの視点の情報を取得する。
getStatus()ストリートビューの状態を取得する。
getVisible()表示状態を取得する。
getZoom()ズーム値を取得する。
setLinks()リンクをセットする。
setMotionTracking()モーション・トラッキングの有効、無効をセットする。
setOptions()設定情報を更新する。
setPano()パノラマIDをセットする。
setPosition()位置座標をセットする。
setPov()視点をセットする。
setVisible()表示状態をセットする。
setZoom()ズーム値をセットする。

イベント

名前説明
closeclick閉じるボタンをクリックした時に発火するイベント。
pano_changedパノラマIDが変化した時に発火するイベント。
position_changed位置座標が変化した時に発火するイベント。
pov_changed視点が変化した時に発火するイベント。
resizeトリガーで、リサイズによるリフレッシュを行なった時に発火するイベント。
status_changedステータスが変化した時に発火するイベント。
visible_changed表示状態が変化した時に発火するイベント。
zoom_changedズーム値が変化した時に発火するイベント。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2015年9月1日 (火)
コンテンツを公開しました。