SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

Point.toString()

Point.toString()はPointクラスのメソッドです。インスタンスが含むX座標、Y座標の情報を文字列に変換できます。

構文

toString()

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

string

インスタンスのX座標、Y座標を文字列に変換した値。

デモ

メソッドを実行すると、位置のインスタンスの内容を文字列に変換します。位置は分かりやすいように、マーカーのラベルテキスト(●)の位置として反映させています。

var point = new google.maps.Point( 25, 25 ) ;

// メソッドを実行
point.toString() ;

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
#map-canvas {
	width: 600px ;
	height: 600px ;
}
	</style>
</head>
<body>
	<div id="map-canvas"></div>
	<p><button id="method">メソッドを実行</button><button id="reset">リセット</button></p>
	<p><textarea id="response"></textarea></p>

	<script src="//maps.googleapis.com/maps/api/js?key={APIキー}"></script>
	<script>
function initialize() {
	var mapDiv = document.getElementById( "map-canvas" ) ;

	var responseTextarea = document.getElementById( "response" ) ;
	responseTextarea.value = "" ;

	// Map
	var map = new google.maps.Map( mapDiv, {
		center: new google.maps.LatLng( 43.0611, 140.3564 ) ,
		zoom: 9 ,
	} ) ;

	// Point
	var point = new google.maps.Point( 25, 25 ) ;

	// Pointを可視化
	new google.maps.Marker( {
		map: map ,
		position: new google.maps.LatLng( 43.0611, 140.3564 ) ,
		label: { text:"●" , color: "red", fontSize:"50px", } ,
		icon: {
			url: "https://lab.syncer.jp/Web/API/Google_Maps/JavaScript/Point/equals/marker.png" ,
			scaledSize: new google.maps.Size( 50, 50 ) ,
			labelOrigin: point ,
		} ,
	} ) ;

	// Method
	document.getElementById( "method" ).onclick = function () {
		var response = point.toString() ;
		try{ response = typeof response == "object" ? JSON.stringify( response ) : response ; }catch(e){}
		responseTextarea.value = response ;
		console.log( response ) ;
	}
}

// Reset
document.getElementById( "reset" ).onclick = initialize ;

initialize() ;
	</script>
</body>
</html>

デモページを開く

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2015年9月1日 (火)
コンテンツを公開しました。