SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

Marker: place

placeはMarkerクラスのオプションです。マーカーに場所の情報を紐付けます。場所の情報は、情報ウィンドウを開いた時などに表示されます。以前はユーザーがGoogle Mapsにログインし、場所をマイプレイスに保存できました。その際、場所の情報も一緒に保存できました。現在はログインが廃止され、それができません。そのため、このプロパティはほとんど意味がありません。

MarkerPlace

場所の内容をMarkerPlaceオブジェクトで指定する。

var opts = {
	place: {
		location: new google.maps.LatLng( 35, 139 ) ,	// 場所の位置座標
		query: "SYNCER" ,	// 場所の名前
	} ,
} ;

デモ

placeを指定したデモです。情報ウィンドウを開いた時に、位置座標にリンクが貼られるだけです。

カスタム

var marker = new google.maps.Marker( {
	map: map ,
	position: map.getCenter() ,
	place: {
		location: new google.maps.LatLng( 35, 139 ) ,
		query: "SYNCER" ,
	} ,
} ) ;

デフォルト

var marker = new google.maps.Marker( {
	map: map ,
	position: map.getCenter() ,
} ) ;

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
#map-canvas {
	width: 600px ;
	height: 600px ;
}
	</style>
</head>
<body>
	<div id="map-canvas"></div>

	<script src="//maps.googleapis.com/maps/api/js?key={APIキー}"></script>
	<script>
var mapDiv = document.getElementById( "map-canvas" ) ;

// Map
var map = new google.maps.Map( mapDiv, {
	center: new google.maps.LatLng( 35, 139 ) ,
	zoom: 11 ,
} ) ;

// Marker
var marker = new google.maps.Marker( {
	map: map ,
	position: map.getCenter() ,
	place: {
		location: new google.maps.LatLng( 35, 139 ) ,	// 場所の位置座標
		query: "SYNCER" ,	// 場所の名前
	} ,
} ) ;

// InfoWindow
var infoWindow = new google.maps.InfoWindow( {
	content: "SYNCER" ,
} ) ;

infoWindow.open( map, marker ) ;
	</script>
</body>
</html>

デモページを開く

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2015年9月1日 (火)
コンテンツを公開しました。