SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

LatLngLiteral

LatLngLiteralは、位置座標を表すオブジェクトです。オプションやメソッドの引数として位置座標を指定する時に利用できます。位置座標はLatLngクラスでも同じように指定できますが、こちらの方が手軽と言えます。

プロパティ

プロパティ名説明
lat

number

緯度。-90〜90の間で指定する。正の値、負の値ともに、範囲を超えた場合は限界値を指定したのと同じ扱いとなる。
lng

number

経度。-180〜180の間で指定する。緯度とは違い、範囲を超えた分はラップされる。例えば、-200を指定した場合は160を指定したのと同じ扱いとなる。

デモ

LatLngLiteralオブジェクトを利用して、マーカーの位置座標を変更します。位置座標を調整して、挙動を確認してみて下さい。

var latLngLiteral = {
	lat: 35.71 ,
	lng: 139.8107 ,
} ;

var marker = new google.maps.Marker( {
	map: map ,
	position: latLngLiteral ,
} ) ;

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<style>
#map-canvas {
	width: 600px ;
	height: 600px ;
}
	</style>
</head>
<body>
	<div id="map-canvas"></div>

	<script src="//maps.googleapis.com/maps/api/js?key={APIキー}"></script>
	<script>
var mapDiv = document.getElementById( "map-canvas" ) ;

// Map
var map = new google.maps.Map( mapDiv, {
	center: new google.maps.LatLng( 35.71, 139.8107 ) ,
	zoom: 11 ,
} ) ;

// Marker
var latLngLiteral = {
	lat: 35.71 ,
	lng: 139.8107 ,
} ;

var marker = new google.maps.Marker( {
	map: map ,
	position: latLngLiteral ,
} ) ;
	</script>
</body>
</html>

デモページを開く

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2016年2月1日 (月)
コンテンツを公開しました。