滝見橋@鬼怒川温泉-スリル満点の揺れる吊橋を渡ってきた!

公開日:

鬼怒川温泉にはいくつかの橋があります。その内の1つ、滝見公園内にある滝見橋という吊橋を渡ってきました。短い距離ですが、ギイギイと揺れる橋はスリル満点でしたよ。

外観

「滝見橋」の外観
「滝見橋」の外観

2016年12月6日(火)、栃木県の日光市にある「滝見橋」を訪れました。

概要

名称滝見橋たきみばし
住所321-2526栃木県 日光市 鬼怒川温泉滝 858−14 (滝見公園内)
観光時間

24時間開放

夕方から明かりがなく、真っ暗になるのでご注意下さい。

電話番号0288-77-2052 (日光市観光協会)
駐車場あり

アクセス

徒歩の場合(鬼怒川公園駅)

鬼怒川温泉駅の隣駅である鬼怒川公園駅からは、徒歩約5分ほどです。駅を出て左に曲がって進むと、右側に見えてきます。

徒歩の場合(鬼怒川温泉駅)

  1. 鬼怒川温泉駅前の広場鬼怒川温泉駅からは徒歩で約30分ほどです。途中で「ふれあい橋」「くろがね橋」「鬼怒子の湯」「温泉街」などあるので、観光しながら歩くのがオススメです。駅前の広場を通り抜けて下さい。
  2. 「Rainbow」を通り過ぎる道路の向こう側に渡って右に曲がって下さい。紫色のコンビニエンスストアの「Rainbow」があるので、それを通り過ぎて下さい。
  3. T字路を右に曲がる道なりに進むとT字路に突き当たります。これを右に曲がって下さい。
  4. 道なりにしばらく進むしばらく道なりに進みます。
  5. 「鬼怒川 御苑」の手前を左に曲がる「鬼怒川 御苑」が見えてきます。この施設の手前を左に曲がって下さい。
  6. 「ふれあい橋」を渡る「ふれあい橋」があるので、これを渡ります。渡った先を右に曲がって下さい。
  7. 鬼怒川温泉街を進むここからしばらく真っ直ぐ歩くことになります。鬼怒川温泉街を進んで下さい。
  8. 「あさや」を左に曲がる進むと緑色の屋根の「あさやホテル」に突き当たります。これを左に曲がります。
  9. 階段を登る曲がりくねった道が続きますが、徒歩の場合は階段でショートカットできます。階段は2つ続きます。
  10. 真っ直ぐに進む階段を登った左側に奥に道路があります。これを、右に曲がって下さい。この道をしばらく真っ直ぐ進みます。
  11. 看板の手前を右に曲がるしばらくすると、滝見公園、滝見橋の看板が見えてきます。ここを右に曲がって下さい。
  12. 滝見公園が見えてくる曲がった奥に「滝見公園」があり、さらにその奥に「滝見の橋」があります。お疲れ様でした。

車の場合

滝見公園の駐車場車の場合、鬼怒川公園駅から約5分くらいで着きます。滝見公園には無料の駐車場があります。

レポート

滝見公園

滝見公園の風景
滝見公園の風景

滝見橋の手前には滝見公園があります。小さな公園ですが、様々な像があるので時間があれば見学していきましょう。

  • 滝見公園: 鬼怒の朝中川公明という人の「鬼怒の朝」という作品。
  • 滝見公園: 想(おもい)こちらは舘野弘青という人の「想(おもい)」という作品。
  • 滝見公園: 思惟鬼の鬼怒太公園内には7体ある内の1つ、鬼怒太像があります。「さらに豊かな鬼怒川温泉の未来を考える」
  • 滝見公園: 芝生訪問した冬、滝見公園の樹々は寂しかったですが、芝桜の季節には名スポットだそうです。春の旅行時には是非、訪れてみましょう。
  • 滝見公園: 羅針鬼繋がりで少し不気味な像もありました。こちらは羅針。
  • 滝見公園: 目こちらは目。真ん中が眼球で左右のは視神経?
滝見公園: 結の滝
滝見公園: 結の滝

今回すっかり見るのを忘れてしまったのですが、滝見公園の奥からは「結の滝」を見られるそうです。と言ってもとても小さな滝だそう。滝はこの位置から見て川の反対側にあります。

滝見橋

滝見橋
滝見橋

滝見公園を抜けて階段を下ると、観光のメインとなる「滝見橋」があります。

  • 滝見橋: 全景とても小さな橋で、1分ほどで渡り切ることができます。
  • 滝見橋: 鬼怒川の風景滝見橋から見た鬼怒川の風景。

滝見橋からの眺めを360度カメラで撮影してみました。雰囲気を分けられたら幸いです。でも、吊橋の上でカメラを上に掲げるのは怖買った。

  • 鬼怒川の名前の由来鬼怒川(きぬがわ)というのは、昔は絹川、衣川という字で呼ばれていたそうで、それがいつからか「鬼怒」という字に変わったそうです。周りの岩は鬼のようにゴツゴツしていますが、川の水自体は美しいですね。
  • 滝見橋: 裏側には鬼怒川公園駅がある「滝見橋」を渡った先には「鬼怒川公園駅」があります。

吊橋を渡る様子を動画で撮影しました。この日はとても風が強かったです。顔の下あたりにカメラ(Android)を固定して歩いたので、ところどころピントが外れるシーンがありますが、ご容赦を…。

雪の日

雪の日の滝見橋
雪の日の滝見橋

2013年、雪の日に訪れたことがあったので、その写真をいくつか紹介します。雪の日は、橋の上が雪でいっぱいになるので渡る時は気を付けて下さい。子連れなどの際は渡らない方がいいと思います。

  • 滝見橋: 雪の日の温泉街雪が降り積もった温泉街は趣があります。この日は「あさや」で露天風呂に入ったのですが、最高の雰囲気でしたよ。
  • 滝見橋: 雪の日の鬼怒川静けさを保ち、白く染まった鬼怒川の風景。

個人的な評価

3.8

スリルがあって景色も良く、とても楽しめました。が、小さな観光スポットなので「この吊橋のために行く」というのはオススメできません。例えば、すぐそば(徒歩約2分ほど)にある「鬼怒川ロープウェイ」など、他のスポットへ行くついでに観光するのが最適だと思います。橋の先には鬼怒川公園駅があるので、旅行の最後、鬼怒川公園駅に行く道として通るのも悪くありません。