SYNCERのロゴ

鬼怒子の湯@鬼怒川温泉-足湯でゆったりした時間を過ごそう

公開日: 2016/12/20 | 更新日:

アイキャッチ画像

鬼怒川温泉駅から徒歩約15分ほどにある有名な足湯、「鬼怒子の湯」。鬼怒川の眺望を楽しみながら、足湯でゆったりとした時間を過ごせるスポットです。

外観

「鬼怒子の湯」の外観
「鬼怒子の湯」の外観

2016年12月6日(火)、栃木県の日光市にある「鬼怒子の湯」を訪れました。

概要

名称鬼怒子の湯きぬこのゆ
住所321-2521栃木県 日光市 藤原 1−15
営業時間9:00〜17:00
電話番号0288-77-2052 (日光市観光協会)
駐車場

なし

近くの「湯の街公園」に無料駐車場があります。

開業年2008年9月

アクセス

「鬼怒子の湯」の地図

車の場合

鬼怒子の湯には専用駐車場がありません。車でアクセスする場合は、ここから徒歩5分ほどの場所にある「湯の街公園」の無料駐車場に停めて歩いてくるのが定番です。

徒歩の場合

  1. 鬼怒川温泉駅前の広場鬼怒川温泉駅からは徒歩で約20分ほど。途中で「ふれあい橋」を通るのがオススメです。駅前の広場を通り抜けて下さい。
  2. 「Rainbow」を通り過ぎる道路の向こう側に渡って右に曲がって下さい。紫色のコンビニエンスストアの「Rainbow」があるので、それを通り過ぎて下さい。
  3. T字路を右に曲がる道なりに進むとT字路に突き当たります。これを右に曲がって下さい。
  4. 道なりにしばらく進むしばらく道なりに進みます。

ふれあい橋を通る場合

  1. 「鬼怒川 御苑」の手前を左に曲がる「鬼怒川 御苑」が見えてきます。この施設の手前を左に曲がって下さい。
  2. 「ふれあい橋」を渡る「ふれあい橋」があるので、これを渡ります。渡った先を右に曲がって下さい。
  3. 鬼怒川温泉街を進むここからしばらく真っ直ぐ歩くことになります。鬼怒川温泉街を進んで下さい。
  4. 「鬼怒川温泉ホテル」の手前を右に曲がる「鬼怒川温泉ホテル」の手前に交差点があります。この交差点を右に渡ったところに「くろがね橋」があります。
  5. 「くろがね橋」を渡った先に施設があるくろがね橋を渡ったところ、右側に施設があります。

ふれあい橋を通らない場合

  1. 「鬼怒川観光ホテル東館」の手前を左に曲がる「ふれあい橋」を通らない場合は、しばらく、10分くらい真っ直ぐに進んで下さい。すると廃墟状態の「鬼怒川観光ホテル東館」の建物が見えてきます。その手前を左に曲がると階段があります。
  2. 階段を降りると「鬼怒子の湯」がある階段を降りてすぐ左側に「鬼怒子の湯」があります。

タオルは置いてある?

置いてありません。夏など、時期によっては記念品のタオルなどが販売されていることもあるそうですが基本的に持参しなければいけません。忘れてしまった場合は近くの温泉街、またはホテルなどで購入するのをオススメします。

更衣室はある?

あります。足湯の施設内に1人分の更衣室が用意されています。

24時間入れる?

鬼怒子の湯: 営業時間案内
鬼怒子の湯: 営業時間案内

入れません。シーズンによっては延長されるかもしれませんが、基本的に営業時間は17時までです。

レポート

足湯

鬼怒子の湯の風景
鬼怒子の湯の風景

鬼怒子の湯の施設内はこんな感じ。狭いスペースに足湯があるだけなので、雰囲気を楽しむのがメイン。ちなみにこの足湯はアルカリ性単純温泉が使用されています。

  • 鬼怒子の湯: 手湯足湯だけでなく、手湯もあります。手と足から身体を温めることができます。でも手と足、同時に浸かっている姿はちょっと滑稽かもしれません(笑)。
  • 鬼怒子の湯: 更衣室服装によっては公共で素足を出すのが難しい、ということがあるかもしれませんが、ここにはそんな人に嬉しい、更衣室が用意されています。

鬼怒太

鬼怒子の像: 遊心鬼
鬼怒子の像: 遊心鬼

ここには鬼怒太の像があります。といっても鬼怒太ならぬ、鬼怒子。唯一の女の子の鬼です。名前は「遊心鬼」。楽しくリラックスしている様が表現されています。

遊歩道

鬼怒子の湯: 鬼怒川の風景
鬼怒子の湯: 鬼怒川の風景

鬼怒子の湯から眺める鬼怒川の風景。この日は工事が行われていて少々殺風景でしたが、それでも絶景に違いはありません。

  • 鬼怒子の湯: 河川遊歩道鬼怒子の湯の左脇には遊歩道の入口があります。階段を降りて鬼怒川のすぐ近くまで行くことができます。
  • 鬼怒子の湯: 公園のベンチベンチもあります。「足湯に入るのが正直、面倒くさい」という人もいるんじゃないでしょうか?私もその一人…。そんな人は、お連れの人が足湯に浸かっている間はベンチで休憩、というのも悪くないと思います。

個人的な評価

3.5

名物の足湯として、鬼怒川温泉に来たら記念に寄ってみることをオススメします。面倒くさい場合は入らなくても、周りの景色を眺めるだけでも十分楽しめると思います。周辺には「くろがね橋」「ふれあい橋」「鬼怒川ロープウェイ」など、観光スポットが多くあるので併せて観光しましょう。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2016年12月22日 (木)
駐車場の情報を追記しました。
2016年12月20日 (火)
コンテンツを公開しました。