SYNCERのロゴ

宇佐のマチュピチュ@大分-美しい集落と棚田の景色を楽しんできた!

アイキャッチ画像

大分県旅行のブログ。宇佐市にある西椎屋の景、宇佐のマチュピチュを訪れました。道路沿いに設置されている展望台からは、緑の山々に囲まれた集落や棚田の美しい景色を楽しむことができる最高のドライブスポットです。

外観

「西椎屋の景 宇佐のマチュピチュ」の外観
「西椎屋の景 宇佐のマチュピチュ」の外観

2017年1月12日(木)、大分県の宇佐市にある「西椎屋の景 宇佐のマチュピチュ」を訪れました。

概要

名称西椎屋の景 宇佐のマチュピチュにししいやのけい うさのまちゅぴちゅ
住所872-0464大分県 宇佐市 国道387号線
観光時期一年中
開放時間24時間開放
電話番号0978-27-8171 (宇佐市観光振興課)
開設日2016年4月
ウェブサイト公式サイト

アクセス

「西椎屋の景 宇佐のマチュピチュ」の地図

バス停「西椎屋」を降りてすぐですが、1日の本数が5本ほどと非常に少なく徒歩でのアクセスは難しいです。車の場合は大分自動車道の玖珠IC、または宇佐別府道路の院内ICから約60分ほど。展望台は国道387号線沿いにあります。「宇佐のマチュピチュはこちらです」という看板が建っています。

レポート

宇佐のマチュピチュからの眺め
宇佐のマチュピチュからの眺め

こちらが宇佐のマチュピチュ、展望台からの眺めです。東の方にある円錐型の山がポイントです。地元の人が秋葉様(火伏せの神)と呼ぶこの山と、その周辺の集落、棚田の風景がマチュピチュと似ていることが噂になり、広がって、2016年4月に展望台の施設が建てられるに至りました。「日本のマチュピチュ」と言えば兵庫県にある竹田城跡が有名ですが、ここ、大分県宇佐のマチュピチュもこれから双璧をなす存在になっていくのでしょうか。

動画で撮影したパノラマの風景。西から台集落、梁ヶ岳(やんだけ)、人見ヶ岳(ひとみだけ)、来鉢集落(くばちしゅうらく)、秋葉様と並んでいます。ここは紅葉狩りのスポットにもなっていて、秋になればこれらの山々が赤く染まった違った風景を楽しめます。

  • 宇佐のマチュピチュ: 集落と棚田集落と棚田。この辺りの地形は椎屋邪馬と呼ばれ、「大龍寺の梵鐘」「大銀杏」などの市の有形文化財もあります。時間があるなら周辺のローカルなスポットを回ってみるのもよさそうですね。
  • 宇佐のマチュピチュ: 案内宇佐のマチュピチュと周辺のスポットの案内。ペルーのマチュピチュの写真もあるので比較してみると面白いですよ。個人的な感想はというと、景色は別にして「ああ、宇佐のマチュピチュってこんな感じか〜」といったところ。「なんだか少しマチュピチュな気分」というキャッチコピー、その通りですね(笑)。
  • 宇佐のマチュピチュ: 展望台こちらが展望台。とってもコンパクトな構造です。まだメジャーではないですが、これから人が来るようになったら席は争奪戦になりそうです。
  • 宇佐のマチュピチュ: ベンチこのスポットは作られて間もないため大変綺麗。食事場所などは一切なく、展望台の他にあるのはトイレとベンチだけです。ドライブの休憩によさそうですね。自動販売機もないので、休むのなら缶コーヒーなど、何か飲み物を持って行くのをオススメします。

個人的な評価

4.3

マチュピチュの景色が素晴らしいのはもちろんですが、この展望台に向かう道のりのドライブが爽快です。道が広く、車もほとんど通ってないので快適な運転を楽しめますよ。展望台は僻地にあり、5分ほどで観光は終わってしまいます。なので、ドライブやツーリングとセットで観光なんだと思うようにしましょう。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年8月3日 (木)
コンテンツを公開しました。