竹林寺@高知-五台山に建つ五重塔が魅力の紅葉スポット!

公開日:

2015年10月の高知旅行で五台山にある「竹林寺」を訪れました。あの「はりまや橋」の悲恋のエピソード、純真はここの住職だったと言います。そびえ立つ五重塔は圧巻の一言。11月中旬から12月の上旬にかけての紅葉スポット、お遍路コースの寺としても有名です。

外観

「五台山 竹林寺」の外観
「五台山 竹林寺」の外観

2015年10月18日(日)、高知県の高知市にある「五台山 竹林寺」を訪れました。

概要

名称五台山 竹林寺ごだいさん ちくりんじ
住所781-8125高知県 高知市 五台山 3577
観光時期年中無休
拝観時間
境内
24時間開放
書院など
7:00〜17:00
電話番号088-882-3085
駐車場あり
開創年724年
ウェブサイト

アクセス

車でのアクセス

竹林寺の駐車場竹林寺は山の中にあります。そのため、お遍路など、特に歩く目的がない限りは車でアクセスして下さい。駐車場は2カ所あり、満車でなければ、正門前にある、「牧野植物園(南門)」との兼用駐車場がオススメ。おみやげ屋さんの前で、My遊バスの「竹林寺前」のバス停のすぐ前です。

My遊バスでのアクセス

竹林寺の駐車場自家用車やレンタカーがない場合は、観光バスの「My遊バス」がオススメです。「竹林寺前」「牧野植物園」「五台山展望台」のいずれかのバス停から、徒歩でアクセスできます。My遊バスの「竹林寺前」のバス停は、牧野植物園の南門の入り口すぐそばにあるので、セットで観光するのがオススメです。例えば、「牧野植物園」のバス停で降りて正門から入り、南門から出て、次に竹林寺を観光するのがスムーズです。その後、竹林寺の西口から出て、五台山公園に行き、観光後は「五台山展望台」のバス停からMy遊バスに乗りましょう。

五台山公園からのアクセス

  1. 五台山公園から竹林寺へ行く道五台山公園から竹林寺にアクセスする場合、西口から入ることができます。五台山公園の向かい側に細い道があります。
  2. 竹林寺の西口細い道を2〜3分ほど歩けば、竹林寺の西口、「船岡堂」がある側から入ることができます。

観光地図

竹林寺の全体地図
竹林寺の全体地図

竹林寺の全体地図です。観光の所要時間は30分〜1時間程度です。

レポート

竹林寺の風景

竹林寺の正門
竹林寺の正門

竹林寺には正面(牧野植物園側)、または西口(五台山公園側)から入ることができます。こちらは、正面側の山門です。「五台山」が掲げられ、両側には仁王像が建っています。

  • 竹林寺の仁王像仁王像の金網の一部が空けられていて、そこから覗くことができるようになっています。それにしても写真に撮ると怖い…。
  • 竹林寺の参道五重塔や本堂がある境内へ続く参道です。夜はライトアップされ、秋には紅葉が紅く染まります。
  • 竹林寺の鐘鐘を打つ撞木(しゅもく)は、竹で作られています。
  • 竹林寺の寺門竹林寺の寺紋です。

書院と庭園

竹林寺の庭園
竹林寺の庭園

山門の右側に進むと、庭園と書院があります。書院に入るにはチケットを購入する必要があります。忘れてしまったのですが(笑)、たしか400円くらいでした。My遊バスのチケットを見せると割引されます。

  • 竹林寺 書院の風景書院の中は何もありません。雰囲気を楽しみましょう。「五台聖境」と「善財童子」の人形が置いてあります。
  • 竹林寺 書院の解説スイッチ途中、2カ所にスイッチが置いてあります。押すと、書院全体に解説音声が流れます。
  • 竹林寺 書院の廊下古風な廊下の外には、美しい庭園の風景が見えます。
  • 竹林寺 書院の客殿客殿の風景です。今でも、ここで様々な行事が行なわれているそうです。
  • 竹林寺の庭園高知県の県下三名園に数えられる庭園。秋には紅く染まります。2004年には、日本国名勝の指定を受けました。国名勝には、例えば「六義園」「兼六園」などがあります。
  • 竹林寺 秋まつり2015竹林寺の紅葉の時期は11月下旬頃。訪問するにはその頃がオススメです。毎年、その期間の土日には「秋まつり」が開催されます。

五重塔

竹林寺の「五重塔」
竹林寺の「五重塔」

竹林寺のメインスポットとも言える「五重塔」です。

  • 五重塔の由来五重塔の正面。五重塔の「塔」は、よくお墓の後ろに建てられている「卒塔婆(そとば)」が略された「塔」から来ていると言われています。
  • 五重塔周辺の紅葉(もみじ)周辺には、このように紅葉が生い茂っています。シーズンは五重塔と紅葉の組み合わせが美しいでしょう。

本堂

竹林寺の「本堂」
竹林寺の「本堂」

竹林寺の「本堂」です。竹林寺に現存する最古の建造物で、国の重要文化財に指定されています。屋根の両端(軒反り)が軽快な曲線を描いていたり、屋根の下側の扇垂木(写真では影で見えず…)が放射線状に広がっているなど、特異な建築様式だと言われています。

本堂の参り方
本堂の参り方

ご真言は「おん あらはしゃのう」、ご詠歌は「南無文殊 三世の佛の母と聞く 我れも子なれば 乳こそほしけれ」です。参る時の参考にして下さい。

大師堂

竹林寺の「大師堂」
竹林寺の「大師堂」

「五重塔」の左側に建っているのが「大師堂(たいしどう)」です。

  • 大師堂でお線香、ローソクを購入お線香、ローソクが1本10円で売られています。納奉に建てて参りましょう。
  • お手綱・なで五鈷賽銭箱の手前には、手綱に繋がれた、なで五鈷(ごこ)があります。この手綱は、弘法大師と繋がっていると言われています。五鈷を撫でることで、ご縁を結ぶことができるそうです。

船岡堂

竹林寺の「船岡堂」
竹林寺の「船岡堂」

私は五台山公園の観光後にアクセスしたので、西口から入りました。入ってすぐに見えるのが、この「船岡堂」です。

  • 竹林寺の「船岡堂」の遠景船岡堂の「船岡」とは、明治時代の半ば頃、竹林寺の住職を勤めていた「船岡芳信」の名前から来ています。彼は傑僧と呼ばれました。あの「はりまや橋」で、駆け落ちに走った純信とは対象的に、邪念を振り払うために睾丸を抜いていたというエピソードがあります。
  • 竹林寺の「船岡堂」は重要文化財船岡芳信は、当時、廃仏毀釈(仏教寺院、仏像を怖し、寺院の特権を廃する運動)の影響で荒廃した寺の再興を目指して、全国を駆け回っていたといいます。

千体地蔵

竹林寺の「千体地蔵」
竹林寺の「千体地蔵」

続いて訪れたのが「千体地蔵」というスポットです。このように、無数の地蔵が並んでいます。

  • 竹林寺の「千体地蔵」とは?千体地蔵には、水をかけて祈願します。接待所に申し込めば、経木塔婆(木の板)を使ってご先祖様、過去霊位(死者)へ回向(供養のようなもの)をしてくれます。
  • 竹林寺の「千体地蔵」と「五重塔」千体地蔵の後ろには五重塔が見えます。この組み合わせも素晴らしい。

めぐりの森と仏陀

竹林寺の「めぐりのもり」
竹林寺の「めぐりのもり」

千体地蔵の向かい側には、夏には緑が美しく、秋には紅が美しい「めぐりのもり」があります。最近、2010年に整備されたスペースです。夜にはライトアップされます。

  • 竹林寺の「仏陀像」池の中には、ステンドグラスのドームに祀られた仏陀の石像があります。インドでお釈迦さまが悟りをひらき、仏陀になって初めて説法(初転法輪)した時の姿です。
  • 仏陀の石像の説明合掌して、「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」と唱えてお参りしましょう。

善財童子

竹林寺の「善財童子」
竹林寺の「善財童子」

こちらは「善財童子(ぜんざいどうじ)」。可愛い少年の像が、石座の真ん中に建っています。後ろの樹々が少し紅くなっていますね。訪れたのは10月下旬ですが、ここの紅葉は11月の中旬。

  • 善財童子とは?善財童子は求道(悟りや真理の道を求めて修行すること)の志が高い少年。53人の善知識を訪ねて教えを乞い、最終的には悟りの世界に至ったといいます。この53という数字は、あの安藤広重の「東海道五十三次」の宿場数のもととも言われています。
  • 善財童子の頭を撫でる像の頭を撫でると、徳を授かれると言われています。いい子いい子しましょう。

五智如来

竹林寺の「五智如来」
竹林寺の「五智如来」

「五智如来」という5つの像。大日如来の悟りの世界を表した立体曼荼羅(りったいまんだら)と言われます。大日如来を真ん中にして、それを囲むように4つの像が建てられています。奥の左側が「阿弥陀如来(あみだにょらい)」、右側が「不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)」、真ん中が「大日如来(だいにちにょらい)」、手前の左側が「宝生如来(ほうしょうにょらい)」、右側が「阿閦如来(あしゅくにょらい)」です。この写真では4体しか映ってない…。

個人的な評価

4.9

元々は「五台山公園」に行くついでに寄ってみたのですが、内容盛り沢山で良かったです。高知で有名な「はりまや橋」にまつわる、あの純信とお馬の悲恋の物語。その純信が住職を勤めていたのが、この竹林寺です。このように、リンクしているのが面白いですよね。「はりまや橋」に行くならば、距離的には遠いですが、この「竹林寺」も併せて観光するとより堪能できると思います。もちろん、歴史など考えずに、単純に風景を見る目的で行くにも魅力的な場所です。古風な寺と五重塔の組み合わせ、秋には紅葉の景色を楽しみましょう。次回は紅葉を観に来たいので、期待を残して4.9点!