SYNCERのロゴ

酒列磯前神社@阿字ヶ浦-宝くじが当たる!?海の眺めが素敵な神社

アイキャッチ画像

茨城県旅行のブログ。阿字ヶ浦にある酒列磯前神社を訪れました。大洗にある磯前神社と兄弟的な存在なので、一緒にチェックしておくのがオススメです。天然記念物に指定されている椿の参道と、高台から望む海の景色が魅力です。宝くじにご利益のある幸運の亀もあるので、触っておくといいことがあるかもしれません(笑)。

外観

「酒列磯前神社」の外観
「酒列磯前神社」の外観

2017年7月20日(木)、茨城県のひたちなか市にある「酒列磯前神社」を訪れました。

概要

名称酒列磯前神社さかつらいそさきじんじゃ
住所311-1202茨城県 ひたちなか市 磯崎町 4607-2
拝観時間

00:00〜24:00

おみくじの購入など、受付は8時〜16時30分までです。

電話番号029-265-8220
駐車場あり
創建年856年
ウェブサイト公式サイト

アクセス

「酒列磯前神社」の地図

阿字ヶ浦駅からのアクセス

  1. 阿字ヶ浦駅阿字ヶ浦駅から徒歩でアクセスする際の道順を説明します。大体、5〜8分ほどで着くので、タクシーなどは必要ありません。予約時に伝えておけば、送迎もしてくれるそうです。
  2. バス停の右側の道に入る阿字ヶ浦駅を背にした正面に道路があるので、そこに入って真っ直ぐ進みます。
  3. 旅館「太江門」の脇を進む「太江門」という旅館が左側に見えてきますが、そのまま突き当たりまで進んで下さい。突き当たりに神社があるので、これを左に曲がります。
  4. 突き当たりまで進む左に曲がったら、突き当たるまで真っ直ぐ進んで下さい。
  5. 「つるや旅館」を右に曲がる突き当たりに「つるや旅館」があります。これを右に曲がって下さい。
  6. 道なりに真っ直ぐ進む道なりに真っ直ぐ進んで下さい。左手に「浜田館」という黄色い建物のホテルが見えますが、これを通り過ぎて行きます。
  7. 「丸徳旅館」を目指す「丸徳旅館」という目立つ建物があります。道なりに進むと、この建物の方に向かう形になります。やがて、右側に神社が見えてきます。

観光地図

酒列磯前神社: 周辺地図
酒列磯前神社: 周辺地図

神社の周辺地図。右下の方に現在地があります。海沿いに南に進むと、兄弟神社である「大洗磯前神社」があります。車で15分ほど。「大洗磯前神社」「アクアワールド」「おさかな市場」などに行く人は、併せて観光できるスポットです。

レポート

樹叢

酒列磯前神社の樹叢
酒列磯前神社の樹叢

酒列磯前神社の特徴の1つがこの樹叢(じゅそう)のトンネル。境内までの約300メートルの参道が、この神々しい樹々で覆われています。ちなみに樹齢も同じ数字で約300年とのこと。

  • 酒列磯前神社の樹叢: ヤブツバキこれらは主にヤブツバキという植物です。ここ一体の暖帯性樹叢は、阿字ヶ浦の海洋による温暖気候によって生育が促されているそうです。その凄さはこの神社がある山全体を覆うほど。
  • 酒列磯前神社の樹叢: 磯前中磯前中という石柱。ここが中間という意味でしょうか?参道は景色に加えて鳥の美しい鳴き声も聴こえる心地良い空間でした。

幸運の亀

酒列磯前神社の幸運の亀
酒列磯前神社の幸運の亀

参道を過ぎたところにある「幸運の亀」。頭を撫でると、宝くじに当選しやすくなると言い伝えられています。説明を読んだ時、これまでのどんな神様よりも興味を持ってしまいました。この亀自体が高額当選者の奉納です。「ジョイフル本田ニューポートひたちなか」では毎年、年末ジャンボ発売日に神職と巫女さんが当選の祈念をしているそうです。

  • 酒列磯前神社の幸運の亀: 説明順序を守れば、ご利益があるそう。頭を撫でるのは最後の手順なので、まずは境内を散策してみましょう。
  • 酒列磯前神社: 賽銭箱亀とは別に、賽銭箱も高額当選者の奉納です。平成24年だからつい最近ですね。これは期待大…。

御社殿

酒列磯前神社の御社殿
酒列磯前神社の御社殿

酒列磯前神社の御社殿。かつて荒廃した社殿を、徳川光圀、愛称、水戸黄門が再興を手がけたと言われています。逆光が激しくて撮影できなかったのですが、彫刻は日光東照宮と同じ左甚五郎の作だそう。

酒列磯前神社の由緒記
酒列磯前神社の由緒記

酒列磯前神社の由緒記。856年12月29日に、大名持命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)という神が降臨、ある塩を精製していた人間に神がかりしてお告げをしたのが磯前神社の始まりとされています。阿字ヶ浦に「酒列磯前神社」、大洗に「大洗磯前神社」が祀られました。海上安全、大漁万足を願って、人々がお祈りしてきました。

酒列会館

酒列会館
酒列会館

御社殿の脇にある酒列会館。受付、販売所です。中には150名収容可能な部屋があって、結婚式などにも使われることがあるそうですよ。

  • 酒列磯前神社のおみくじ気になったのは、ちょっと珍しい猫のデザインをしたおみくじ。「ねこみくじ」というそうです。1つ300円だったので、金と白を両方購入してみました。
  • ねこみくじ肝心のおみくじはお腹の中に入っています。裏側の蓋を開けて取り出して下さい。私は中吉、嫁さんは大吉でした。

お腰かけの石

酒列磯前神社: お腰かけの石
酒列磯前神社: お腰かけの石

水戸藩第9代藩主、徳川斉昭(とくがわなりあき)が腰かけたと言われている石。さすがに座って記念撮影とはいきませんでした(笑)。斉昭は、一説には荒々しい気性でカリスマ性と行動力を持ち合わせていたとされています。しかし政争で井伊直弼に破れて失脚しました。

海の眺め

酒列磯前神社から眺める海
酒列磯前神社から眺める海

戻りは樹叢の参道ではなく、その脇にある階段から帰るのをオススメします。阿字ヶ浦の海の眺めを楽しむことができますよ。海沿いを歩いて行けば迷う心配もないでしょう。

阿字ヶ浦の海 (東洋のナポリ)
阿字ヶ浦の海 (東洋のナポリ)

こちらがその景色。漁港や、遊泳ビーチの様子を眺めることができます。古びた建物も目立っていますが、その殺風景を吹き飛ばすような海と空の爽やかな青が印象的。風も気持ちよくて、かいた汗も忘れてしまいます。阿字ヶ浦はその美しさから「東洋のナポリ」と言われています。

個人的な評価

4.3

大洗にある磯前神社に行く予定だったのですが、急遽、「兄弟神社が存在する」という情報を得て来てみました。言ってみれば、ついでに来たスポット。特に期待はしていなかったのですが、樹叢の緑と海の青が美しい良いスポットで感動しました。歴史に興味がなくても単純に景色を楽しめます。大洗とは車で15分ほどの距離なので、併せて観光するのをオススメします。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketに保存
  • LINEでシェア
更新履歴
2017年7月22日 (土)
コンテンツを公開しました。