SYNCERのロゴ
アイキャッチ画像

JSON Pretty Linter Ver3

公開日: 2014/07/08 | 更新日:

オンライン上で、JSONの整形と、構文チェックができるサービスです。処理は全てJavaScript(ローカル環境)で行なっているため、当サーバーにデータを送る必要がありません。

整形前

整形後

構文チェック

コピー用

ビューアー

JSONの構造や値へのパスを確認できます。構文エラーがある場合は該当箇所をハイライトしています。

JSON

ヒント

基本的な使い方

  • 「元となるJSON」に、チェックしたいJSONデータを入力して下さい。
  • 準備ができたらチェックボタンをクリックして下さい。
  • 入力したJSONの構文が正しいかチェックして、結果を表示します。エラーがある場合は、その箇所を指摘します。
  • 改行とインデントを付け、また、ユニコードエスケープを日本語に直すなどして整形したJSONを表示します。
  • 構文チェックのツールとして、「JSONlint」を利用しています。

仕様

当サービスはJavaScriptで処理しているため、下記の仕様となっています。

  • 値に含まれる不要なバックスラッシュは取り除かれます。
  • 小数点以下が0の場合(例: 1.0)、整数(例: 1)として認識します。実質同じ値でも型を厳密に区別している場合(例: 1ではなく、1.0でなければダメ)は、ご注意下さい。

ビューアー

  • キーをクリックすると、オブジェクトを閉じたり開けたりできます。
  • 「Toggle」をクリックすると、全てのオブジェクトを閉じたり開けたりできます。
  • 「Path」をクリックすると、その値へのブラケット記法([...])でのアクセス方法を確認できます。用途に応じてドット記法やアロー記法に置き換えて下さい。
  • 「Filter」をクリックすると、フォームが開きます。確認したいプロパティを指定すると、そのプロパティだけを表示できます。

注意事項

  • このサービスは、JavaScriptを利用した、ローカル環境での処理をしています(厳密には、あなたの端末にしていただきます)。
  • 従って、当ブログのサーバーサイドにデータが送られることはありませんのでご安心下さい。
  • このサービスを利用して起こった如何なる問題についても、当サイトは責任を負わないものとします。