ジオコーディング

地図から緯度と経度、住所を調べるジオコーディングサービスです。住所から検索、地名から検索するか、または地図を直接動かして位置を指定することができます。10進数と60進数表記、また世界測地系、日本測地系の表記に対応しています。

言語の変更

住所などの表記を各言語に変更できます。

ヒント

使い方

地図を動かして、真ん中の十字マークを目的の場所に合わせて下さい。その場所の位置座標が表示されます。

位置座標は世界測地系と日本測地系がありますが、インターネット上やプログラムで一般的に使用されるのは世界測地系です。

Chrome、Firefoxなど、対応ブラウザでは、位置座標をクリックするだけでコピーできます。

現在地の表示

地図の右下にあるナビアイコンをクリックすると、あなたの現在位置を表示できます。ご利用には、お使いの端末がGPSに対応している必要があります。

地図の上にある検索フォームにキーワードを入れると、それに一番マッチする場所に移動できます。キーワードは、地名(例: 東京都)、スポット名(例: ディズニーランド)、住所(例: 竹ノ塚9-9-9)、位置座標(例: 35.11,139.32)など、様々なデータに対応しています。

全国にいくつもある場所名(例: 吉野家)の場合は、地名などと一緒に指定する(例: 足立区竹ノ塚 吉野家)ことで、目的の場所を探すことができます。

ローカライズ

「ローカライズ」の項目にある言語一覧の中から目的の言語をクリックすると、その言語にローカライズできます。

地図上の各表記、逆ジオコーディングの結果である住所の表記がその言語で表示されます。

その言語に対応していない表記は、英語表記となります。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • pocketでシェア
  • LINEでシェア
更新履歴
2016/09/01 (木)
言語を選択できるようになりました。テキスト検索の結果を1件だけじゃなく、全件表示するようになりました。「メモ機能」を廃止しました。
2016/02/02 (火)
新しく「メモ機能」を追加しました。100件まで調べた位置情報を保存し、まとめてJSON、CSV、TEXT形式でダウンロードできます。2016年9月に廃止しました。
2016/01/09 (土)
ChromeやFirefoxなど、一部対応ブラウザは、クリックするだけで結果をコピーできるようになりました。
2015/02/19 (木)
コンテンツを公開しました。