田中そば@足立区-モチモチ麺とコッテリスープが美味い人気店!

公開日: 2014/10/20 | 更新日:

素でおそば屋さんだと勘違いしていて、2008年の開店から一度も行ってなかった超人気ラーメン店、「田中そば」。今回、偶然、「田中そば」がラーメン屋だということを知り、急遽、足を運びました(笑)。

外観

「田中そば店」の外観
「田中そば店」の外観

2017年5月29日(月)、東京都の足立区にある「田中そば店」を訪れました。

概要

名称田中そば店たなかそばてん
住所121-0072東京都 足立区 保塚町 1-20
定休日年中無休
営業時間11:00〜21:00
電話番号03-3883-4342
麺の種類トリオ製麺
  • カウンター
  • テーブル
駐車場あり
開店日2008年12月18日 (木)
ウェブサイト公式サイト

アクセス

駐車場

専用駐車場専用駐車場は、店舗のすぐ裏に十分な台数分用意されています。店舗前に停めるのは嫌われるので止めましょう。

レポート

肉そば

喜多方らーめんをベースに「気軽に食べる田舎のラーメン」をテーマに作った一杯。らーめん屋の原風景を味わえるようなイメージの、小さめのどんぶりを使いなみなみと注がれたスープに平打ちちぢれ麺。スープは豚骨を濁らせないように炊き、塩だれで味を整える。

気軽に食べる田舎のラーメン
肉そば 1
肉そば 1

メニューは基本的な「中華そば」1つだけで、ねぎそば、肉そばとトッピングの種類で分かれているようです。今回は「肉が食いてぇ」ということで「肉そば」を注文。料金は1,000円です。

肉そば 横から撮影
肉そば 横から撮影

横から見るとこんな感じ。平べったくて最初見た時の印象は「なんか少なそうだな…」だったんですが、実際はそうでもありませんでした。量的にも満足です。

肉そば チャーシュー
肉そば チャーシュー

肉そばだけに、大量に入っているチャーシュー。これが柔らかくて美味しい。1枚目を食べた時に「あと、これだけあるのか〜」と幸せな気分に。

肉そば モチモチの麺
肉そば モチモチの麺

麺はちぢれ気味。本家の田中商店とは違って、少し太めです。これがモチモチしてて凄く良い。

肉そば スープ
肉そば スープ

麺も美味しいんだけど、スープもこれまた絶品。すっげー癖になる。

肉そば ねぎ
肉そば ねぎ

麺とスープも美味しいんだけど、一番印象に残っているのはこのネギなんです。というのも、このネギがいい感じで苦味が強くてマッチしてたんですよね。「高いネギ使ってるんだろうな〜」とか嫁さんと話してました。

肉そば メンマ
肉そば メンマ

メンマ。これはあまり印象に残ってません。

肉そば 特製唐華を入れてみた
肉そば 特製唐華を入れてみた

スープが美味しいので入れるの躊躇していたのですが、せっかくということで。「特製唐華」です。辛いので小さなスプーン1杯が目安。写真の量で「ちょっと多いかも」くらいになります。

肉そば 赤く染まるスープ
肉そば 赤く染まるスープ

少しかき混ぜただけで、瞬く間にスープが真っ赤に!うわーーー、あの美味いスープがーーーと、ちょっと後悔したのでした。

肉そば 特製唐華のスープ
肉そば 特製唐華のスープ

でもいい感じに辛くて美味しい!いや、良いです、これ。スープの味が全然壊れていません。それでも入れるのは4/5くらい食べた後がお勧めかな。

中華そば

中華そば 700円
中華そば 700円

こちらは基本メニューの「中華そば」、700円と、なかなか良心的な値段です。「肉そば」との違いはチャーシューの枚数だけ。

中華そば チャーシューが3枚
中華そば チャーシューが3枚

チャーシューが少なくなったとはいえ、3枚入りは圧巻ですね。これは嬉しいですわ…。基本の「中華そば」でも物足りないって風にはならないと思うので、安心して注文しちゃって下さい。

山形辛味噌

山形辛味噌 880円
山形辛味噌 880円

2016年2月に再訪した時、限定メニューの「山形辛味噌」を注文してみました。辛いのが好みな人用の喜多方ラーメンです。真ん中にある赤くて丸い玉が辛味噌。

山形辛味噌 スープ
山形辛味噌 スープ

辛味噌を混ぜると、味を元に戻せなくなるので(笑)、最初は崩さないのがオススメです。純粋な喜多方ラーメンの味をまずは楽しみましょう。

山形辛味噌 玉
山形辛味噌 玉

そして後半、辛いのが得意なわけではないので不安ながらも、辛味噌を崩してみました。

山形辛味噌 混ぜた後の丼
山形辛味噌 混ぜた後の丼

辛味噌をかき混ぜるとこの通り、全体が真っ赤に。そしてピリピリした辛さが加わります。夏は遠慮したいですが、冬は温かくなって最高ですね。

山形辛味噌 赤くなったスープ
山形辛味噌 赤くなったスープ

スープもこの通り真っ赤に。余裕がある人は、ご飯も頼んでみてはいかがでしょうか。箸が進みそうです。

ねぎそば

ねぎそば 850円
ねぎそば 850円

2017年5月に再訪。今回はねぎそばを注文してみました。850円。届いたのがこちら。インパクトのある見た目!

ねぎそば 苦味のあるネギ
ねぎそば 苦味のあるネギ

このネギはシャキシャキの歯ごたえと、少しの辛さを伴う苦味があって美味しかったです。ラーメンをおかずにネギを食べる感覚(笑)。満足な一品でした。

餃子

餃子 280円
餃子 280円

こちらは餃子。5個で280円。併設する「まるなか」という店で作られた餃子です。注文すると、隣から店主さんが運んできてくれます。混雑時は大変そうだ(笑)。

餃子 パリパリの皮
餃子 パリパリの皮

裏は焼きたてでパリパリです。ラー油を混ぜたタレと一緒にどうぞ。

餃子 具材
餃子 具材

味は良くも悪くもオーソドックス。奇を衒わない正統派といったところでしょうか。

写真集

  • 店内風景店内はカウンターとテーブル席が半々くらい。カウンター席は回転が物凄い速いので、落ち着いて食べたい人はテーブル席がお勧めです。
  • 各席にある荷物入れテーブル席だけではなく、カウンター席の下にもある荷物入れ。この気遣いはとても嬉しいですよね。
  • 食券になる札注文は食券制です。二郎を彷彿とさせる札を店員さんに渡して下さい。
  • スープの選択スープは注文時に「こってり」を指定することができます。店員さんからは聞いてこないのでご注意下さい。流れが速いので、初めて来た人は多分、注文してからこの案内に気付いて指定しそびれてしまったってケースが多いと思います。
  • 卓上調味料卓上調味料。この中でもメインは「特製唐華」と「自家製ラー油」です。
  • 製唐華芯から辛くなるイメージだけど、スープの味を壊さない絶妙な美味しさを実現する「製唐華」。入れ過ぎに注意。小さいスプーン1杯で本当に十分です!
  • 自家製ラー油こちらは「自家製ラー油」。癖になる美味しさですよ。これを食べると、今度はおにぎりとか頼みたくなります。上手くやってますな(笑)。
  • スープの案内店内の案内。この店には「特製唐華」「自家製ラー油」という豪華な味変アイテムがあるので飽きることなくいただけますね。
  • ロゴ「田中そば」のロゴです。

個人的な評価

5

ここが開店してから約6年間、一度も行ったことがないのが惜しいくらい美味しいラーメンでした。しかも中毒性が高いので常連が多いことにも納得。毎日行列ですもの。味的にも量的にも、まさにこの「中華そば」は完成品と言ってもいいんじゃないでしょうか。これはリピートするなー。家から近ければ…。竹ノ塚に支店ができないかしら…。